maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記12
About the next door's renovation and a quakeproof design.

The renovation of the next room began.
The construction is performed everyday from 9:30 am to 5:00 pm.
It is the first situation for me that a neighboring room does a renovation.
I had not thought that it was so noisy.
The sound of the drill.
A sound to wrecking a wall.
I know, nobody hear. Therefor I sometimes shout, "Too loud !!"
Because it was a too big sound, I had doubt what kind of construction it was.
I was able to look in the inside yesterday because the next door opened when I came home.
What is it!
The rooms had lost a pillar, and wall for the partition.
The room became just one big room.
I was surprised.
It is unforgiveable in Japan.
Because Japan is a country with many earthquakes, a standard to build a high-rise building is severe.

If there is an earthquake, how about that.
I am uneasy.

I always scare when I watch a Singaporean new condominium
(the design which raised a Popsicle in the ground).
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記11
However, it was mystery for me why I married.

The story dates back approximately 4 years ago.
When I met him for the first time, I had a mysterious experience.
I had heard that he came in my part-time job.
But I have not been interested very much.
Because, he is younger than me, I also have heard.
When he entered the workshop and passed my front,
I heard a "slap" sound in my head, it was like a clapped hands.
And all my view became only red or black colors.
Only he had had colors in it.

I was surprised.
Because, it was same as I got the lucky lottery, when I was young.
However, I did not think deeply about that.
Surely I had not thought that I would be married with him four years later.
If there is fate in the world, this may be so.

Do you believe it?
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記10
Two things I hope I will have completed in the next 5 years.


1st thing:
I will have lost weight 15 kilograms!!
How
I will lose weight 3 kilograms in one year, if I continue it
for five years, I will have gained it.

Only 3 kilograms.

It sounds easy.

Therefore I will have been exercise & control my calories.

Actually I had begun it already.

I have lost weight more than 4 kilograms last year.
But I had gained weight more than 2 kilograms.

Maintenance is difficult than lose weight.

2nd thing.
I will have thought English.

Because,
I had taught social & Japanese in the after class before I came Singapore.
It was a private supplementary school for bad results children, not a cram school.
(It was my 2nd part time job)

I couldn't teach English in there.
I hope I will have taught English for them, after I have went back Japan.

How
I will have studied English more.
No doubt.
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記9
I talked with a friend about discrimination today.

Japan is a small island, but there is discrimination.
We are the same race, but we have discrimination.

The biggest discrimination in the history that it was continue up to now.
It is a thing from the Edo era.
In the days of Edo, people were classified
as samurais, peasants, workmen and merchants.

The farmers were said to be great next to a samurai but,
actually, the income was low, and therefore the thing which
thought to raise a revolution did not die out.

Therefore the Edo Shogunate made new social position, it was more low than the farmers.
It were said the "えた(Eta)" and "非人(Hinin)".
It mean that "Hinin" is not a person by Chinese character.

The Shogunate had given work to them slaughter, a tanner , execution and disposal of dead bodies.
They were forced to live of along the river, and most of them have been
discriminated against in various ways from other people.

There was the social position that was made for discriminate in Japan.

Their township is still distinguished, and the descendant living in there are still discriminated against now.
Because the change of the person is intense, it is forgotten in the city,
but, in the country side, it still becomes the object of the discrimination.

Why did we make this talk?

The reason is because my friend met with a Japanese discriminating against
the same Japanese in Singapore.
We told that it was stupid.
We spoke about we don't want to hurt people by discrimination.

When someone injured a person, the person is hurt by ourselves.

I know that words can easily hurt a person.

The person who caused the pain knows it.

Therefore the person understand the pain of the person.

We must not forget the pain.

We talked so.

(Could you understand ? This is difficult to say.)
CO*1 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記8
A shop of a delicious muffin

A friend told me that there is a delicious muffin shop of in Tanjong Pagar.

I love muffin and I often make muffin.

Are there delicious muffin in Singapore?
I was half in doubt, but I decided to go.

because….
All the bakeries in Singapore are not delicious.
Japanese bread were my favorite and I was very dissatisfied.

Anyway,

I got on bus No80 from Funan Centre and went to Tanjong Pagar.
what excitement! Tanjong pagar was very close to Outram Park & China Town.

I never knew.
In my head, a town was connected to another town in Singapore.

I went to Tanjong Pagar for the first time, but it was a very interesting place.

美味しいマフィンの店

There was the muffin shop in Tanjong Pagar plaza.
I saw long queue front of the shop.
I also was queue.
Then I bought 6muffin. (after 15minits)
Cheese, orange, W-choco, choco chip, cranberry, banana.
マフィン

I ate W-choco, cranberry, banana already.

The taste was not bad.
Because it is almost as delicious as the things which I make.
(hehehe just kidding)

But buying is cheaper than I bake it.
One muffin is S$1.10-S$1.3

Then I came back GWC by bus No75 from CANTONMENT LK.

The bus is interesting, just as I think.

And I felt relieved about the muffins in Singapore.

I say slightly exaggeratedly.
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記7
My reckless time in my life is…

When I was 25 years old.
I didn't’t forget city life, and I wanted to be a cartoonist.
Thus I went to Tokyo from Hiroshima.
I did not know that I would be subjected to cruel treatment in there.
By my uncle's family.

I had some dreams.
I thought that there was a lot of hope for me.

But…The reality was severe to me.

My last job before went to Tokyo, was not so bad.
My father was complacent to my last company in Hiroshima.
Yes I thought so … later.

My conservative time in my life is…

The story continues.
Of course I wanted to leave such bad workplace, but I couldn't.

If I left the job, I would lose a place to live, money, and the trust from my parents.
Nobody knew that they were cold-blooded human beings.
Thus I had to continue working there.

There was not enough salary so as to be able to borrow a house.
Thus I worked part-time.

I worked on the weekend after work until 5:00 a.m. and went to work from 9:00 a.m.

But, all the other employees resigned.
I lost a chance to quit.

At last I continued working for over 10 years.

I think now,
I was brainwashed then.
Because I dislike Japanese men that tall and speak loud voice now.
I was afraid of an uncle and was not able to defy him.

Of course I am not afraid of him now.
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記6
The Singapore's ramen shops

Why so many Japanese like ramen?

When I was in Japan, I did not like going to the ramen shop very much.

Smells of the oil is bad, and the shop is small, and the chair is hard to sit down.


Many people who live in the foreign country, they want to eat Japanese foods, but,
Why do you choose the ramen?

A wonder.

And the number of times to go to the ramen shop in Singapore for me has increased.

more than when I was in Japan.

I went to the ramen shop yesterday too.

A wonder too.
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記5
I must think by English.

About the diary of the ribbon lei, I examined it in various ways
In some Japanese sites and I gathered them up and wrote it
by Japanese and translated it into English.

But I thought and noticed it later, I could have looked for English sites.

When I am going to say something in English. I think in Japanese first.
I was warned. It be disturbed that I want to progress English skill.

At first I translate it into Japanese in my head while hearing English.
Therefore it takes time to answer.

I understand it. But it is ...

20 years have already passed since I finished English study at school.
So it is the same as begin.

But I am different from those days now. It is pleasant that I learn English now.

Though it was pain in a schooldays, but now it is pleasant to learn new words.

This is a miraculous phenomenon.

By the way,

In the note of the Japanese pop musician who went to America,
"On the morning at three month since I went to America,
I heard English news sound which I substituted for the alarm clock.
But I realized that it was unusual.
I had understood the contents"
That wrote it.

I could hardly wait for the "the third month" since I came to Singapore.

・・・・One year passed since I came to Singapore.

But, that day didn't come yet to me.

However, I think that I have advanced from last year. Little bit.

I think about a soliloquy in English recently.

And I look for words of quarrel in English.

The reason is that I often suffer a loss unless I argue in Singapore.

Because the story is long; on the next time.
CO*2 ] page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: The English Diary
英語日記4
let's make a ribbon lei.

The "ribbon lei " is a Hawaiian craft.

When we visited Hawaii, we watched the lei of the flower arrangement once.
It is originally said that Lei is the mark to avoids a demon, and get to God.
It means love that give a Lei and it is a one of the traditional culture since ancient Hawaii.
This is culture peculiar to Hawaii called "the aloha spirit" that I dwelled in in Hawaiian people.

Ancient Hawaiians thought that God dwelled in natural various things.
The lei is made from a bone of the animal, a plant and the shellfish.
The people wanted to take in energy called " Mana " from nature by wearing Lei.

The accepted view is how to make leis had the thing that each Hawaiian tribe was different.
When they make a lei to use with a contest of Fra, they give prayer to God and entering mountain, and collect flowers and leaves.
And they take off the threads which they used for the making of the lei and seem to let it return to naturally after a " Fra " contest was over.
Currently, as symbols such as a blessing or the welcome, the lei is given on a wedding ceremony, an entrance ceremony, a graduation ceremony, and birthday.

However, the flower wilts.
It is a ribbon lei that they want to keep in the beauty.
Because they make these with satin ribbon, they call it a ribbon lei.
The thing that it reproduced the lei of the flower by they sewed colorful ribbon, and knitting.

As for those styles, there are innumerable things of various difficult now.
we can not enjoy the fresh fragrance such as the flower, but it does not wilt.
we can leave it because its semipermanent, and we can feel "an aloha spirit" forever.

It seems that these began in about 1990.
The lesson to learn how to make ribbon leis is popular in Hawaii and Japan.
Unfortunately there is no class in Singapore.
I make it by watching a book with a friend.
角4つだたみ

丸4つだたみ

丸8つだたみ(アレアレ)

These processed for strap
which we use how to knit ribbon leis.

In fact, they can made into long type like a necklace.
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/30(金)   CATEGORY: 雑事
リンクについて。
リンクというブログ内のシステムについての記事です。
皆様に必要という訳ではないのですが、
ブログをはじめようとしている方に、もしかしたら何かの足しになるかもと思い、
続きの記事にしますが、
期間(私が、「もういいかな~」と思ったとか)がすぎましたら消去します。
つづきを表示
CO*4 ] page top
DATE: 2008/05/30(金)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
駐妻仮面の会・続き。
お昼を食べて戻ったあと、
駐妻仮面が午後から挑戦するのは、

「ドーナツ」

です。

ホットケーキミックスで作るのではなく、
ふっくらモチモチドーナツを目指すぞと!
生地を醗酵させて本格的に作るタイプです。

とはいえ、レシピだけがあって、まだ誰も作った事がありません。
海のものとも山のものとも・・・・。

このレシピがまた、6個分の分量という、とってもお上品なレシピだったので、
思い切って4倍にして、24個を分けましょう!としていたら、
最終的には35個になってしまい、(サイズの問題だよな)

どんだけだよ。
ドーナツ1
これは二次醗酵の時の図。

数がそれだけできると、それだけ

揚げ続けなくてはならないというわけで、

大変でした。 何が大変って、お友達のお家が、「油のにほい祭り」

申し訳ありません・・・。次回はうちで・・・。

揚げられたドーナツのみなさん。
ドーナツ2


盛り付けてみた。
ドーナツ3
大小、個性さまざまなみなさんです。

揚げ立ては外はカリっと中はもちっと。
本当に美味しかったです!
でも、ドーナツにしては甘みが少なかったかな?
本当は、まわりにお砂糖をまぶすのですが、それをあえてしなかったので、
ということなのでしょうが。

というわけで、パンのように召し上がる事が出来ます。
後日朝食に。
ドーナツ4


真ん中で上下に割って、サラダやキュウリ、ハムや卵をはさんで、
ベーグルサンドのようにしていただきました。

ドーナツにサラダを挟んでいただく食べ方は、サンテックのドーナツやさんで体験しました。
そうそう。鶏肉グリルや、サーモンとかチーズが入っていたなぁ。
そんなオサレな食材は我が家には常蓄されていませんのことよ。

手作りものの多くがそうであるように、
ドーナツは、揚げたてが一番美味しかったです☆
ブラウニーは、作りたてより少し時間がたった方が美味しかったです。
そういうものなのね。

次回は、この生地で「ピロシキ」に挑戦しよう!とリーダーが言ってました。

楽しみです。
CO*2 ] page top
DATE: 2008/05/29(木)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
第1回『駐妻仮面』の会。
皆様が普段お感じになっている、『駐在者の妻』というのは、
どんなのでしょうか?

(シンガポールの)駐在者の妻、略して『駐妻』は、
私以外の多くの皆様のブログなどでもご存知の通り、
美しくて、ハイセンスで、おしゃれで、
そんなイメージかもしれません。

私も、自分が『駐妻』になるまではそう思っていました。

事実、
私のお店のお客様で『駐妻』経験者は、どこか皆様おしゃれな感じがしたものです。

ですが、どうでしょう!
いざ、自分が『駐妻』になった所で、自分がどうにか変わるわけでもなく。
(いえ、オサレな駐妻になろうと努力はしたのよ、努力は)
はははは。
もう開き直った感じですけど。

でも、まぁ、たまには皆様のように、お友達とお菓子なんか優雅に作ってみたいなぁなんて。

前置きが長くなりましたが。 (前置きかよ)

今日は、そんな風に「駐妻の仮面をかぶってみたーい」という、イタい奥さまが集まって、
「お菓子でも作りましょうよー」(かゆ)という事になったのです。
(参加者の皆様、こんなご紹介でゴメン)

正確な日本語上では、「仮面駐妻」なのですが、本日の参加者満場一致で、
誰が言い出したんだか「駐妻仮面の会」となりました。

本日の挑戦その1は、
チョコレートブラウニーであります!

チョコレートブラウニー

場所提供してくれたお友達のレシピでしたが、
オールインワンでまぜまぜまぜまぜした後、焼くだけ。
とっても簡単!そして美味しい!これならすぐ作れる!

・・・・・とかいいつつ、分量をレシピの倍にする事にナリ、

「本当はグラニュ糖大匙7杯だから、14杯なんだけど、甘さ控えめで4杯くらいにしてるのよ。
だから、8杯も入れればいいんだと思うんだけど」
「でも、普通の砂糖しかないから、(グラニュ糖のほうが甘く感じる)少し多めにする?」
「んで、今、何杯目?」
「・・・・・・・・」(誰も覚えてない)←もう生地に混ぜている。

これでは仮面でもおしゃれ駐妻には程遠いです。

結局、お味の方は、甘さ控えめでしたけど、好みの味に落ち着いていたので、

大成功です。 無理矢理

その後、お昼ご飯にお出かけ。
(っていうか、おしゃれ駐妻目指すんなら、そこで持ち寄るとか、作るとかするべきなんじゃねーの?と、今気づいた←遅)

お友達のおうち近くの 本格ニョニャ料理レストラン、「IVINS」

正統派のプラナカン料理を、リーズナブルなお値段で食べれる所です。

IVINS1
Bakwan Kepeting(豚肉団子のスープ)と、Mutton Kromak(マトンカレー)

IVINS2
Shrimp&CrabmeatOmelette(エビのオムレツ)とNonya Chap Chye(キャベツときくらげのスープ)
後ろのご飯は、Nasi Kuning ココナツフレーバーのご飯。

IVINS3
Buboh Cha Cha ボボチャチャ。

お腹イッパイです。

これ以外に野菜炒めと飲み物も頼んで、一人12ドルちょっと。
そして、美味しいです!
ここはオススメかも。
ニョニャ料理、この辺のメニューは特にホーカーでも食べられますけど、
このお店は大衆向けではありますが、レストランなので、ホーカーがダメな方でも、
ここでなら、ニョニャ料理を楽しめるのではないかと思います。

さあ!午後は何を作るかというと!

以下次号!
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/28(水)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
おみやげは甘いもの天国。
ベトナム旅行からもう1週間も経っていた・・・。
月日の経つのは早いものよのう・・・。

なんだそりゃ。

日本に一時帰国していたお友達が帰ってきました~。

お願いしていたものをいただきに一緒にお昼食べに行きましたら、
おみやげいただいちゃいました。

ねんりんや1
ねんりん家のバームクーヘンです。

私、バームクーヘン大好きなんです。へへへ。
(でも、○ーハイムはイマイチ)
これは初めてのお店☆でも、噂には聞いた事があったぞ!

ねんりんや2
まわりがシャクシャクで、中がしっとり。
しかも後ろにお皿がすでにスタンバイ。

ううううっ!うまいです。さすが日本物。(どんな表現や)繊細だ・・・。

ありがとうございます。 Yちゃん。

そして、同じ日にこれもいただき物。
コーヒーロール
コーヒーロールケーキです。

自宅マッサージに来てくれるマダムが持ってきてくれました。
ティオンバルマーケットと駅の間のケーキ屋さんって言ってたから、
たぶんあそこかも。

甘み控えめで、クリームもベタベタしていないし、スポンジもふっくらで、
シンガポールでは驚くべき出来(すみません生意気言いまして)かも。

マダムのフェイスマッサージは、本当に気持ちよかったです~。
前回よりも、肌になじんだみたいで、終了後モチモチのプニプニになりました。
ちょっと顔も小さくなった・・・ような気が・・・でも明日には戻るんだろうが・・・。
さっさと3回目の予約もしてしまいました。すまぬ旦那。
このマッサージはオススメです。

おっ?
今日はなんだか駐妻ブログっぽいぞ。
いつもよりスイーツな記事内容である。
(ケーキだからか?)
おそ松。


PS
甘いものを食べたので、ちゃんとエクササイズも致しましたよ。
ビリーは除隊したままで、
新しいプログラムを始めましただわさ。
ラテンで、サルサの、アレです。

そういえば、明日も甘いもの大会だった・・・。
う~ん。
想像しただけで、ポテトチップが食べたいです。
(って、ダメダメじゃん)

でも楽しみでーす。
CO*4 ] page top
DATE: 2008/05/27(火)   CATEGORY: 旅にでる。
ベトナームホーチーミン♪
ベトナム最終日は、

「メコン川クルーズ」一人US$50

というのには私の希望で参加せず。

だってジャングルなんだもん。虫がいっぱいいそうだし、川も汚そうだし。
汚い川なんて、シンガポールリバーで見飽きてるもん。
三角笠をボートでかぶって帰りにもらって持って帰っても飾る所ないんだもーん。

(どんな理由だよ・たぶんby組長)

そんなわけで、自由行動にして、街中をショッピング♪

国営デパートや、商店街?などをぐるぐる歩き回りました~。

楽しかった~☆

雑貨屋さんでお目当てのおみやげ物を買ったり、色々なお店を探し回ったり。

残念だったのは、組長お目当てのお店が閉店か移転だったのだけれど、
お店に貼ってある張り紙が読めない・・・。
で、たどり着けなかった事。

ベトナムのスーパーでは、やはり色々なものが安い!
コーラが1缶35円くらい!(やはりコーラなのか・・・オレよ・・・)

雑貨屋さんも、きれいなビーズアクセや、刺繍もの、手織物、色々。
色使いがやはり個性的で楽しめました。
ビーズアクセを買おうかなと思ってたんだけど、

よく見ると、どこかで見たような気が・・・。

・・・・チャイナタウンだ。

最近、よくチャイナタウンのローカルなお店に行っていたので、
思い切り見覚えがあったのでした。
お値段も・・・・そんなに変わらないな・・・。

組長も、買おうと思っていた刺繍モノに見覚えがあったらしく、

「チョーさんのお店で見た」

と、ボソッと一言。ううむ。

雑貨屋さんは何件も回ったのですが、どこのお店にも同じものがおいてありました。
色々なものを扱っているお店は、皆同じ。

かろうじて、カバン専門のような店で、他のお店にはない手織物バックや、刺繍モノをゲット。

そしてスーパーでレアなものをゲット。

最終的には、空港でゲット。

そんなものです~。

楽しかった旅行、夕方ホテルに車が迎えに来てくれてまして、空港に移動です。

ベトナムに来て初日から、一夜漬けで覚えたベトナム語を話して面白がられていたのですが、
そのときに車の中から「カラオケ」という看板を発見して、

組長 「ベトナムにもカラオケがあるの?」
ホアンさん 「あります。歌は好きですか?」
オレ 「好きです~」
ホアンさん 「歌ってください」

歌ってくださいと言われても・・・・。
って、日本の歌を歌って、あんたがた分かるのかい?

そこで、私は例の番組の歌を思い出し。

「ベトナムの歌知ってます!
『ベェトナーン フォーツィーミン♪、ベェトナーン フォーツィーミン♪、
ベェトナーン フォーツィーミン♪、ベェトナーン フォーツィーミン♪』
(って、歌詞それだけかよ!)
この曲、有名ですか?」

と聞いた所、有名だとの事。

結局最終日にも歌ってくれと言われたので、車の中で歌ってました。

楽しんでいただけたようで、何よりです。

ホアンさんとお別れし、
後は帰るだけなのですが、

最後の最後でやらかしました。おいら。

なんと、旅行者の3大失態のひとつ。

イミグレカードの半券を、スーツケースに入れたまま預けちゃった~!!!

朝までパスポートに挟んであったのに・・・。(途中パスポートは触らなかったから)
ホテルで荷物を預ける時に貴重品は金庫に入れてくれるので、
仕分けする時にうっかり無意識で分けてしまったらしく、
荷物を受け取ってカバンの中身を入れ替える時にはすっかり忘れていて、
いえ、
帰国時にイミグレカードの半券が必要な事すらすっかり忘れていて~

組長に入国する時に教えてもらってたのに・・・。

「どうしよう!このままでは帰国できんのでは!」と、あたふたする私を見て組長が、

「大丈夫、ゆっくり落ち着いて、帰れなくても死なないから

きゃぁ~。

まあ、それは冗談で、パニくってる私のために組長が英語で説明してくれたら、
飛行機会社の受付に戻りなさいとのこと。

え?出られるの?

出口のおじさんに目をあわすと、
「出ろ出ろ」と、手で合図。

出られるのか?!
(一度入ったら出られないと思っていた)

そんで、慌てて荷物を預けた所で事情を説明すると、

新しいカードを出してくれたのです。

え?これでいいの?
書き直せばいいの?

っていうか、それでいいのか?

事実、それでよかでした。

私、帰ってきてるしね。

よく周りを見渡すと、
私のほかにもここでカードを書いている人が何人も何人も。

そうなんだ・・・。知らなかった・・・・。

でも、ベトナムルールかもしれないので、
次回は気をつけます。

ありがとう組長。

楽しい旅行でした~。

誘ってくれてありがとう。
そんでもって英語でそのほかでたくさん助けてくれて本当に感謝です。
お腹こわしちゃって気を使わせちゃってごめんなさい。
色々ご迷惑おかけしてごめんなさい。
また一緒に旅行できればうれしいです☆

追記。

やっぱり空港では、あの三角笠をかぶった人がいっぱいいました。
ぷぷ。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/27(火)   CATEGORY: 旅にでる。
憧れのバインミー♪あなたは遠かった。
市内観光は続きます。

教会
聖母マリア教会。

ああ、写真が下手くそなので、ガイドブックでも参考になさって下さい。

郵便局1
中央郵便局。
この日、この建物の前で映画の撮影が行われていました。ベトナムの映画です。
写した写真を良く見たら、手前右に、女優さんの顔が写っていました。ほほほ。

郵便局の中はこんな感じ。
郵便局2
なんというか、すごい贅沢な郵便局だな。

郵便局を出たときにもまだ映画の撮影をしていて、ばっちり写りこむ角度で歩いた私(笑)
そのシーンが映画で使われようが使われなかろうが、見る事はないでしょうが。

そして市民劇場
市民劇場2

実はこの建物はホテルの隣です~。

観光終了。ぐったり。
だってものすごく暑かったんですよ。この日。
昨日の雨がウソみたいに晴れ渡りましてね。
日ごろの行いが良いのね~。と言ってはいましたが。

・・・・逆に罰ゲーム・・・・。

少しホテルで休憩してから晩ご飯と思っていたのですが、

私、
お腹壊しちゃいました・・・・・。

げ、原因が不明・・・・。
痛くはないんですけど、食べるのが怖い感じ・・・。
胃腸が疲れてしまってたのでしょう。

そんなわけで、
組長の晩ご飯のみ
バインミー


食べてみたかったのになぁバインミー・・・。
目の前にしても、食欲もわかず、中身を聞くとやはり食べられそうになく・・・。
(お肉とか生野菜とか酢野菜は胃にきついので)

私は、コーヒー
ベトナムコーヒー2

ベトナム風にドリップした後、ミルクをドバドバ入れたら、泡がイッパイだったので、
自分でハートを描いてみた。

ヒヒヒ。

そのあとパスタを食べてみたけれど、
やっぱりおなかは壊れていました。

組長ごめんなさい・・・。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/26(月)   CATEGORY: 旅にでる。
戦争はんたい博物館。
クチトンネルを後にして、市内に戻り、観光。

お昼もついていたのですが、なにぶん、ムカデブルーと、復路にも車酔い、

おなかもすいていないというか、どちらかというと気持ち悪い。

そんな私達の都合にはお構いなく、ちゃんとしたレストランでベトナム料理。
これもすでにセットになっているので、断る事も出来ず・・・。

でも、テーブルでコーラ飲んで(やっぱりコーラですよきくさん!)
えびせん食べたら、幾分か胃が落ち着いてきました。

お料理は、こんな感じ。
ベトナム料理1
生春巻き。
でも、生春巻きの皮が一部硬かった!ちゃんと戻そうよ!というか、乾きすぎ?

ベトナム料理2
サトウキビに、魚のすり身が巻いてある。のが焼いてある。
代表的なお料理のようです。

ベトナム料理3
魚のフライにオレンジソース、野菜炒め
でも、この二品は、本当に一口くらいしか食べられなかった。
味も全然分からなかった。ごめんなさい。

その後、フォーの入ったスープ。 やっぱりちょっと油浮いてるんだけど、昨日よりやさしい味で、
このスープと、えびせんで、元気が出た感じ。
休憩もできたので、まぁ、この後は車に乗る時間も少ないし
(実は歩いて回れる範囲)
頑張りましょうと気を取り直し。

市内観光。
まずは統一会堂から。
統一会堂

古くからの建物ですが、日本で言う国会議事堂のようなものです。
地下にはシェルターのような場所もあります。

戦時中、屋上からミサイルを落とされたそうなのですが、爆発しなかったのか、
建物の真ん中にぽっかり穴があいたそうです。
屋上1
ここが屋上。

屋上2
赤い○の所にミサイルが落ちました。

ガイドのホアンさんが、
「では次は、戦争はんたい博物館に行きます」

・・・はい。もちろん戦争には反対ですとも。心から。

ごめんなさい。よく聞くと、『戦争犯罪博物館』でした。
また、ガイドブックで確認すると、日本では『戦争証跡博物館』と書かれてありました。
ここからはガイドブック参照
「ベトナム戦争の凄惨さを写真、パネル、映像などで伝える博物館。ホルマリン漬けの奇形胎児、実際に使われていた爆弾や武器の展示もある。屋外には拷問に使われていた牢獄の再現も」
という事で、
行ってみたらその通りです。
ううむ。

コメントするのが難しいです。
残されている写真が、あまりにも生々しい。
目を覆うような写真も多くありました。
写真には、少し分かりにくいですが、日本語による説明も一部有り、
世界の人に、この戦争の悲惨さを訴えようとする意図はじゅうぶん伝わってきます。
私が知っていたベトナム戦争の知識は、本当に爪楊枝の先ほどでしかなくて、
もしくは「何も知らなかった」というのが正直なくらいでした。
ベトナム戦争を描いた映画は見ていますが、そんなものでは知識にならない。
それを思い知らされました。

でも、自分の浅い知識よりも驚かされたのは、
年配の観光客(国籍不明)が、展示されている戦車や迫撃砲を使いポーズをとって、
にこやかに写真を撮っていることでした。
牢獄の再現をされている場所では、実際に拷問を受けていた人の写真に似せた人形の傍らで、
記念写真を撮る異国の女性。

彼女は何を考え、その横でポーズをとり写真に納まろうとするのでしょうか。

写真など撮らずとも、私の脳裏にはその映像が焼きついていて今でもちゃんと思い出せます。

その場にいるのが恐ろしくなるような場所です。

でも、この場所はなくしてはいけません。

広島の原爆資料館然り。

常に、忘れてはいけない事なのです。

楽しい観光旅行で、こういった過去の悲惨な事実を見る事は、
あまり望ましい事ではないのですが、(個人的に)
でも、知らなくてはいけない事だったのだろうと思います。

残念ながら、ベトナムにおいても、最近の若い人には、戦争の事を知らないというか、
学ばない人が多く、
悲惨な現実はわすれさられているのが現状のようです。

あやまちは繰り返したくないです。

すっかりブルーな気分に拍車をかけてしまった二人ですが、
それでも出口で、ホアンさんが、
「戦争はんたい博物館はどうでしたか?」
というので、(私の耳にはどうしてもそう聞こえるので)
やっぱりどうしてもクスッって笑ってしまえるのが、ちょっと気持ちが落ち着いた瞬間でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/26(月)   CATEGORY: 旅にでる。
やつらはどこにも見えないがどこにでもいる。
ベトナム旅行、二日目は観光です。
旅行会社のパックになっている観光なので、ホテルに車のお迎えが来ます。

その前に、ホテルで朝食を。

ブッフェです~。

ブッフェ大好き。

写真はありませんが、(他のお客様もいらっしゃるので)
私的にはかなり充実した内容。
和食も中華もありました。
久しぶりに、美味しいクロワッサンを食べましたよ~。
そして、朝から肉を食べ過ぎました。
というか、全体に量を食べ過ぎてしまった感じ。

てへへ。

それにしても。
シンガポールのパン屋のクロワッサンは、どうして美味しくないのでしょうね・・・。

さて、観光開始です。
二人だけなので、
バスではなく車で出発です。
ベトナムでは、車の数は本当に少なくて、
朝から道路を埋めるのは、
bike6

やはりバイク。

そして、主要幹線道路なのに、かなりの道の悪さ。思っていた以上に穴ぼこや砂利だらけ。
当然車も揺れます。
そして、たくさんのバイクの無謀運転のために、動いたりブレーキしたりが、
まるでスタッカートのよう。
それでも車は揺れます。
50キロくらいしか離れていないところなのに、
1時間半もかからないと行けないんですよ。
ちょっとつらいです。

組長、車酔いでバテ寸前・・・。かわいそうです・・・。

目的地はクチトンネル。
自分で選んだところではなく、コースになっているのでいたしかたない。

ガイドブックで読んだ限りでは、ベトナム戦争中に使われた防空壕・・・くらいの認識しかなくて。
でも、行ってびっくり。

防空壕ではなく、地下要塞でした。
要塞と行っても、映画のようなコンピューターの秘密基地ではなく、
ベトコンが、身を隠し、攻撃に使うための地下通路、居住に可能な場所もあったわけです。
しかし、その長さたるや、四方八方に250キロ!
驚くべきです。
そして、その通路の細さ、入り口の小ささったら、
クチトンネル1

画面奥に、人が入り口から上半身だけ出しているのですが見えますか?
その手前の男性を参考にしていただけるとサイズがわかります。
遠近法はほとんど使っていません。
女性もそうとうかわいくて細くてスレンダーな方でしたが、穴もそうとう小さかったです。

あたしにゃはいれませんよ。尻どころか太ももでストップですよ。(フッ)

ベトナムの皆さんは、小さくて細いですからね、男女問わず。戦時中ならなおさら。
アメリカ人はそのサイズでもって、穴の中に入るのは不可能だったでしょう。
彼らが放置した戦車
クチトンネル3


クチトンネル周辺には、たくさんの落とし穴があり、落とし穴の中には、
クチトンネル2
こんな恐ろしい罠が。
これは竹やりですが、他にも、鉄槍の輪とか、かぎばりの柱とか、色々。
だんだん恐怖でブルーになってきている私たちに、
「トンネル体験」
観光用に、広さが1.5~2倍になっているトンネルを、わずか数メートル歩くだけなのですが、
これが入り口。
クチトンネル4

クチトンネル5
あまりの暗さに方向が分からず、カメラのフラッシュをたいてしまいました。
小心者・・・。
でも、フラッシュで目潰しされて、ますます真っ暗。(当たり前だが)
暗いよー狭いよー怖いよー。 (気分は面堂終太郎)
もうすぐ出口?と思ってカメラのシャッターを押したら、
私のずももな気配に気づいたのか、組長が偶然振り向かれました。
クチトンネル6

わかります?はしごくらいの幅しかないのよ!しかも、すごいしっかりした土壁!

しかし、我々が暗いトンネルを恐れていたのにはもうひとつ理由が・・・。
つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/25(日)   CATEGORY: 旅にでる。
フォーは意外と油っこい。
スパの時間になったので、マッサージを受けてきました。

私たちが選んだのは、ベトナミーズボディマッサージ。
そんなのあるのか本当に。

内容は、リンパドレナージュのマッサージで、
足から全身のリンパの流れを整えるマッサージでした。

コリをほぐすというよりは、ソフトなマッサージではありましたが、
気持ちよかったですよ。
以前ビンタンでもマッサージを受けたのですが、
ビンタンはもったいぶった割には今考えてみれば普通のマッサージだったし、
(結局、時間は短くされてるし、手荒だし)

なにより、ベトナムのマッサージはお安い!
街中のマッサージ屋さんはもっとお安いみたいですが、
色々トラブルもあるらしく、不安もあったので、
ホテルのスパで受けることにしたのです。安心を買うというかね。

それでも、ビンタンのほぼ半額だよ!(75分・US$55)
満足です☆
じゅうぶんです。
他をあまり知らないので。(→知らないという事は良いことナリ)

その後、
夕食をしに再び街中へ。

やっぱりベトナム料理っしょ!
という事で、向かったお店は『ベトナムハウス』
(そのまんまだな)

フランスコロニアル風のステキな店内。
(コロニアル風って、ナニ?)
2回では、ベトナム音楽の生演奏。
えへへ。
なんだかうれしくなってきたぞ。

ここで私たちは、
生春巻き1
生春巻き。

組長にちょっとしたハプニングがありましたが、組長クリア!おとこまえだっ!
海老がたくさん入ってて、皮も食べやすくて美味しかったです。
でも、レモングラスは出しましたけどね。食べれんです。あごが弱い日本人には。
そして、知らなかったですよ。生春巻きには、豚肉が入っているんですね。
他のお店でも、豚肉がまいてあるんですよ。
私は今まで、海老と野菜の生春巻きしか知らなかったので、
ある意味衝撃でした。

揚げ春巻き1
揚げ春巻き

揚げ物大好きです。へへへ。 ここで出てきたスイートチリソースが
めちゃ美味しかったので、色んなものにつけて食べました。

かぼちゃの花のフリッター
かぼちゃの花のフリッター

かぼちゃの花の中に、海老のすり身が入っていて、それがまるごとフリッターになっているのですが、
その、花びらがすごくジューシーで、カリッと食べると中からジュワッって、うまみが出てきて、
マジで美味しかった!おかわり希望!
これからかぼちゃの花を見つけたら、もらって来ちゃいそな感じです。

そして、でも、一番肝心な、
フォーの写真が撮れていなかったです!
をいをい・・・。

フォーは、牛肉のフォーを頼みました。
しっかりした味で、日本で食べてたのと違う・・・。
そして、なにより、
油っこい
味は美味しいんですけど、なんていうか、牛肉のアクがちゃんと取れてなくて、
スープに残ってしまっていて、それがくさみっていうか、しつこいっていうか、
そのためにパクチーとか使ってるんじゃないかなとか思うのですが、
でも、フォーをすすると、
唇が油でギラギラに・・・。

味は美味しいんですけど、たくさん食べれない・・・。
(え?たくさん食べてたよ、mayaさん・・・組長談)

そして食後に再び・・・
ベトナムプリン2
プリン。

ここのプリンもまた硬めで美味しかった~。
カラメルも普通の味だった~。
ベトナムコーヒー
ベトナムコーヒー。

組長が、「練乳が底に沈んでるベトナムコーヒーもあるみたいだけど、大丈夫?」
と、教えてくれてたんだけど、
ここのコーヒーには練乳は入っていませんでした。

でも、苦い・・・。・・・薄くはないけど、そんなに濃くないのに、苦い。

どこかで飲んだ記憶があるぞこれ・・・と、思ったら、
実家の「ビンボーコーヒー」の味でした。
ドリップしたコーヒーを、1回で捨てるのはもったいないので、
コーヒー好きの母が、ひき豆は変えずにお湯をさらに足すのです。
でも、2番出しは、薄いので、ちょっと煮詰めるくらいに保温しておく。
つまり、「煮詰まった薄めコーヒー」の味。

なんか散々な事を書いていますが、それでも楽しんでいるのでご心配なく。

「へへへ~かーちゃんコーヒー」とか言って。

(ふだんはかーちゃんなんて言いませんのことよ。注)

お!忘れる所だった!
バナナフリッター

組長チョイスのバナナフリッター。

揚げバナナはやっぱり美味しいです~☆

初日からやりすぎのオレたち。

でも、
「ベトナム料理食べて、ベトナムプリン食べて、ホテルに泊まって、スパでマッサージ」
当初の目的はほぼ終わったも同然!
明日はどうなる!
CO*4 ] page top
DATE: 2008/05/25(日)   CATEGORY: 旅にでる。
ベトナムプリンは懐かしい味がする。
ホテルに到着です。

今回利用させていただいたのは、カラベルホテルです。

カラベル1
ベッド

カラベル3
バスルーム

お? なんだかおしゃれ旅日記っぽくなってるかな? (なってまへん)

思っていたよりも、よかホテルだったようです。
旅の達人のお友達何人かから、
「女の子だけでアジア圏を旅するなら、ホテルは頑張っておいたほうが良い」
とアドバイスを受けていたので、
最高グレードは無理ですが、それなりに良いホテルにしようね~と
カラベルに決めたのではありましたが、
想像より良いホテルでした。
(もちろん、上には上があるのですよ。部屋のグレードは並ですからね)

ホテルを決めた後でカラベルというホテルが良いホテルだという事に気づいたのですが、
もう、それだけで旅のテンションは上がっていました。
それでも、「アジアだしね・・・」と、テンションレベルの上限は下げていましたけどね(笑)

そして、速攻スパに予約を入れに行き、
それまでの時間、町を散策する事に・・・。

ホーチミンは、フランス支配下の時代があったため、建物もアジアではなく、
フランスっぽいものが多いです。
カフェなども、洋風な感じ。

当日は雨でお天気が悪かったので、写真を撮る事ができませんでした。残念。
ベトナムは5月は雨期だそうです。
「シンガポールの雨期は終わったよ」
と、ガイドのホアンさんに言ったら、
びっくりしてましたね。

ホテルの周りには、いろいろなお店がたくさんあり、徒歩で楽しむ事ができます。
もちろん、自分のカバンには気をつけて、
周囲にも目を配り、危険な気配を察知しながらね。
ビンボくさいカッコで歩くのは自衛です。

この感じは、ジョホールと変わらないなぁと思いました。
(最近は、クアラルンプールも、ジョホールと変わらないくらい治安が悪化している
そうなので、マレーシアと言い換えてもいいかも)

まぁ、どの国に行くにしても、危険は当たり前だと思わなくてはなりません。

日本だって例外じゃないと思うよ。
シンガポールにしたって、夜も歩けるとは言うけど、
やっぱり外国だから、危なそうな所は選んで歩かないからね。昼間でもね。

話が逸れましたが。

そんな街中で、カフェで休憩☆

念願の、ベトナムプリン!
ベトナムプリン1


コーヒーじゃなくて、プリンです。

ベトナムプリンは、日本で誠に残念ながら主流になってしまったクリーミーなプリンとは違い、
蒸し焼き系の、硬めなプリンです。

私は、硬めのプリンが好きなのですよ。
プッチンプリンでも、私にはゆるいのですよ。
マーロウプリンや、モロゾフプリンも、最近はゆるくなって悲しいてなくらいなんです。

ベトナムプリンは、手作りの味がしました。

懐かしい味。

子供の頃母と作った蒸し焼きプリンの味・・・。
ちょっと蒸しすぎて「す」がたった?くらいの。

幸せです☆

でも・・・。

カラメルの味が、うっすらコーヒー味・・・。

なぜ?
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/24(土)   CATEGORY: 旅にでる。
ベトナムでバイクの洪水は本当だった。
ホーチミンに着くと、ガイドさんが待っていてくれてるはずなのですが、見つからず、
あちこちきょろきょろ探していると、
私たちの名前が書かれたカードホルダーを見つけました。

組長が、手を振って合図をしても、ガイドさんはポカン顔。

なぜにと思って聞いてみると、カードホルダーには、

Mr 『組長の名前』
Ms 『私の名前 』

で、ガイドさんはアベックを探していたのだそうです。

をいをい・・・ちゃんとやってくれよ・・・。(旅行会社さん)

ガイドさんは、ホアンさん、男性、そういえば年齢聞いてなかったな。

ホテルまでの車も用意されていて、それに乗って移動です。

車が市内に入ったかなと思うと同時に、

どこからともなく、
bike1


小型のバイク、スクーターや、カブが、
bike2


色んな所から、
bike3


バラバラと・・・。
bike4


いえ、ぞろぞろと。
bike5


車の近くをかすめるように走っています。
二人乗りは当たり前。
子供を乗せて、3人、4人・・・。

組長が気がついたのですが、
日本のサドルよりも、後ろが長く、はじめから二人乗りに適した作られ方をしています。
車は左ハンドル、右車線。
その車の、右にも左にも前にも後ろにも、重なるようにしてバイクが走っています。
すごいです。
聞きしに勝る凄さです。
ぶつかりそうなバイクに、「うわ~・うわ~」と言いながら、

車はなんとかホテルに到着です。

ふぃ~。
CO*4 ] page top
DATE: 2008/05/22(木)   CATEGORY: 旅にでる。
いい日旅立ち女子部二人旅。
さて。

今年になってからのシンガポール生活における私の新しいミッションのひとつに、

「シンガポールから、友達と海外旅行」

というのがありました。

他の目標は・・・。
「英語でお店を予約する」
「英語でデリバリーを頼む」
「一人でエアコンのクリーニングに立ち会う」
とかなんですが。(そこ!ちっさぃとか言うな!)

ちなみに、昨年の目標は、
「英語で会話できるようになる」
でした・・・。
原始的・・・。

計画当事は、「シンガポールからカナダに旅行」
だったのですが、あまりに無謀な事に気づき、
ハードル下げました。
何とでも言ってよ。

しかしまぁ、たかが海外旅行、されど海外旅行。
ほとんどお金のかからないジョホールは、
もちろん立派な海外旅行ではありますが、
MRTとバスという手段では、シンガポールの町に出るのとほとんど変わりなく、
ミッションクリアとは認められないため、
他の国にも行けたらなぁと思っていたのであります。

そんな私に天使のお誘いが☆

なんと、バタフライ組長が、私を旅行に誘ってくれたのです!

ありがたやありがたや。

女二人で2泊3日くらいで行けるとこ。
近場で、英語圏で、そんなにお高くない所。

そんなこんなで、ベトナム・ホーチミン市を選びました。

ベトナム・・・。

私が、ベトナムの歴史その他をほとんど知らなかったという事は、
後で痛いほど思い知らされるのですが、
とりあえず、私のイメージの中には、
「水曜どうでしょう・最終章・ハノイ~ホーチミン・カブの旅7日間」
の映像しかなく。

まぁ、つまりお気楽極楽で計画していたわけです。

でも、旅行なんて、そんなもんでしょう。

明日から旅行!朝10時にタクシースタンドで待ち合わせ~!

そんな前夜、
私はお友達からお借りしたテレビドラマDVDを、
うかつにも見始めてしまい・・・。
(1シーズン各24話完結の、アレです)
ええと・・・。

まぁ、それでも3時間半は寝てますから、大丈夫です。

ドラマの続きが気になりつつ、空港へ。

空はお天気!絶好調!

いい日旅立ちです。
CO*2 ] page top
DATE: 2008/05/21(水)   CATEGORY: 旅にでる。
とりあえず帰国
みなさまシンチャオです。

さきほど♪ヴィエトナーンフォーツィーミン♪

から帰ってまいりました。

相変わらずのどたばた旅行記は、

追ってUPしたいと思います。

ヘンガップライです。

ベートーナームーフォー!

すみません。相変わらずバカで。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/16(金)   CATEGORY: 旅にでる。
そうじゃろがい三度笠
そんなこんなでいろいろありまして、
シティスクエアでもおみやげ物などお買い物をして帰路につきます。

イミグレーションセンターに戻り、出国・帰国手続きです。
以前は、シンガポールに戻る際、入国書類を書かなくてはいけなかったようですが、
日本からシンガポールに入る時同様、
いわゆるグリーンカードを(EPとかDPとか)持っていれば、それは必要なくなりました。

シンガポールからマレーシアに行く時は荷物チェックはないのですが、
マレーシアからシンガポールに入る時は、
荷物のX線チェックがありますのでご注意下さい。
私たちが今回購入したものには何も問題ありませんでしたが、
やはり、タバコや成人向け雑誌などには厳しいようです。

そしてまぁアドバイスというかなんというか。
今回は、初めてだったこともあり、楽しくて時間を忘れ、
イミグレを通るのが5時を回ってしまったのですが、
出国手続きはそんなに混まないものの、
いざ出国で再びバスに乗ってから、道路が混んで混んで
大変です。
橋の上で大渋滞です。
マイカーで、お仕事で入国、出国する方も多いので、
仕方がないことなのです。

そんなわけで、マレーシア脱出は5時より前がベター。

そして行くなら火曜日~木曜日がベター。

できれば、パーティーは二人より三人がベター。
でも、四人を越えると、
タクシーに乗れませんのでご注意。

我々の道中は本当ににぎやかで楽しくて、
そして三人だったので、
まるで「てなもんや三度笠」のコントみたいなことの連続でした。

・・・・古すぎるか。(そして私は白木みのる)

また行きます。これは決定事項。たぶん。

次に行きたいお店をすでにリサーチし始めている私たちですから。

連れて行ってくれたSちゃんと、言葉の不安をなくしてくれたMMさんに大感謝です☆
どうもありがとう!
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/16(金)   CATEGORY: 旅にでる。
ファッションセンター○○○○ + わがままな女たち。
ランチを終え、私たちはいよいよジャスコ探検です。

今回は主に衣類を見て回る事にしてましたので。

期待通り、日本のジャスコにありそうな服がいっぱいです。
特に男性物のカジュアルな衣類は、本当に日本ポイ。
女性物は、若干マレーテイストというか、インドテイスト漂ってますけど。

そして、安い!
シンガポールでは、こんなカジュアルな(いい意味でも悪い意味でも)服でも、
こんな値段なのか・・・と、いつもガッカリしてましたが、
マレーシアはやっぱり安い。

シンガポールのカジュアルな服が、
たとえばコムサイズムとかおしゃれユニクロ的価格だとしたら、
マレーシアの服は、
「まるで、ジョホールの『ファッション○○○ーしま○ら』や~」てな感じです。
(ところでいつまで彦麻呂引っ張るつもりなんだ?)

トリンプもワコールもシンガポールより安かったです。しかも品物がめちゃくちゃ多い!

いいなぁ。シンガポールにもダイエーとか、イトヨとか、ジャスコがあったら便利なのになぁ・・・。
ゆめタウンもいいなぁ・・・。

衣類のお買い物を済ませて、軽くお茶をしたあと、
今度はイミグレ方面に戻りつつ、イミグレ最寄のシティスクエアに向かおうと、
ジャスコのタクシー乗り場までやってきました。

タクシー乗り場周辺には、ガラの悪そうなおっさんがたむろってます。
再び、価格の交渉の開始です。

MMさん   「シティスクエアまでおいくら?」
ドライバーA 「RM20だよ」
MMさん   「RM20? ちょっと待ってよ。私たち、RM15でここまで来れたのよ?
      なんでRM5も違うわけ?
ここで、なぜか交渉相手がドライバーBに代わりました。
ドライバーB 「来る時が安すぎたんだよ。イミグレまでだったら、RM20が
         普通なんだよ」
MMさん   「何言ってんのよ。シティスクエアはイミグレより近いじゃないの」
ドライバーB 「ああ、だからRM18だよ」

注)ここで、RM18に下がりました。

MMさん   「近いのに、来る時より高いなんて信じられない」
ドライバーB 「だからその値段が安いんだよ(チパチパ~) 
        お前ら英語分かってないのか?アラ」
注)オラとかアラとかオパとかダラとかは英語ではありませんから。

まぁ、そんな感じですっかりこのタクシー集団に嫌気がさし、
こんなやつらのタクシーになんか乗るもんかぃ!と、
他の場所の別のタクシースタンドを探し始めました。

しかしタクシースタンドは他にはありませんでした。

そうです。彼らはそれで強気なんです。
ますますもって、あいつらのタクシーなんかに乗るもんかい!
こうなったら、バスで帰ろう!と、再びインフォメーションセンターへ。

バス停までは、

ジャスコの一番奥まで行ってエスカレータで地下駐車場に降りて、右から外にでて、車道を渡ってハイウェイを渡ってハイウェイ下の道路に降りたところがバス停です。
そのバス停に来るバスなら、どれに乗ってもシティスクエアまで行きます。

との事で、
炎天下のもと、でも、ちょっとしたハイキング気分でバス停まで移動です。
暑くっても、面倒でも、あんなタクシーに「やっぱり乗せて~」と頭を下げるよりは、
100万倍も楽しい冒険ですよ。

そのバス停で、バスを待つ事数分。
空のタクシーがやってきたので、ダメもとで手を上げると、
フツーに停まりました。

ンで、 値段を聞くと、

流しのドライバー君   「ええと・・・。RM15」

おお!乗ります乗ります!

ところが、このタクシー、めずらしくメーターが付いていました。

シティスクエア到着時、メーターが表示していた数字は、
「RM10.8」

おいおい。あいつら賠値をふっかけよったんかい!!!

そして、タクシーを降りる時に一応、
「RM15って言ってたけど、メーターこれじゃない。この値段でいいんでしょう?」
と、MMさんが言ってみてくれたのですが、
「え~・・・勘弁してくださいよォ」
みたいなソフトな対応だったので、

まぁ、はじめの値段をお支払いしてきました。
仕方ないよね。うむ。

ワガママかもしれませんけど、
あんなタクシーに乗らずに帰って来れた事が、すんごいうれしくて、
思わずハイタッチ☆

注:でも、これは ケースバイケースですから、ある1例として見て下さい。
割り切って、さっさとRM20で手を売っておけば、
暑い中歩かなくてもすむのですからね(笑)







CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/14(水)   CATEGORY: 旅にでる。
香港スタイルでピーナツバター祭り。
くどいようですが、ジョホールのジャスコです。
ほらほら、地名が日本じゃないから。
jusco2.jpg
(クリックすると大きくなります)

無事ジャスコに到着し、お腹がすいていた私たちは、
早速お昼ご飯を食べる事にしました。
「フードコートでローカルなものを食す」と決めていた我々は、
インフォメーションセンターでフードコートの場所を聞くも、
その手前のたくさんのレストラン群で彷徨い(さまよい)、本当の意味の
フードコートにたどり着けぬまま、あるお店に入りました。
なんとなくローカル感は漂っていたんだけどもね。

メニューを広げ、やはりのお値段ににっこり。

シンガポールの・・・半額・・・とは言えないかな? でも、やはり「お安い!」と感じるお値段。

私が選んだのはこれ。
jl3.jpg

チーズとポークのドリア

これに、

これと (マッシュルームのスープ)
jl2.jpg

これと (コーヒーと紅茶がブレンドされてるという飲み物・冷)
jl1.jpg

これ (カメゼリー)
jl4.jpg
がついて、
RM9.8++ S$5くらいかな?

ですがまぁ、お味の方は、特に美味しいともいえないまま、というか・・・むにゃむにゃ。

んで、お口直しに、お店に入るきっかけになった、

フレンチトーストと、
jl5.jpg


ピーナツバタートーストを
jl7.jpg


追加注文。

どんだけ。

しかし、このフレンチトーストは、
香港スタイルとメニューにあったからかどうかは定かではないのですが、

しっかり揚げ食パンで、しかも切ってみると、
jl6.jpg

中から大量のピーナツバターが!

フレンチトーストにピーナツバター・・・。

それを知らずにすでに頼んでしまっていた、ピーナツバタートーストが、
これまた、
jl8.jpg

ピーナツバター小パックひとつ丸ごと塗ったのかい!!
と、いわんばかりの塗りたくりっぷり。

思わぬところで、ピーナツバター祭り・・・。(Sちゃん曰く)
しかも、上にかかっているのは練乳・・・。

食したところ、あまりの濃厚な塩っ気たっぷりのピーナツバターの海に
口の中のすべての水分を一瞬にして奪い去られ、
思わず窒息死しそうになるほどでした。

ここでMMさんが 「まるでピーナツバターの玄界(限界)灘や~」
と、言ったかな?言わなかったかな?

ジョホールのみなさんは、そんなにピーナツバターがお好きなの?と思った我々でしたが、

いえ、どちらかというとお店の皆さんに、

「こいつら、どんだけピーナツバター好きなんだよ」

と、思われたに違いありません・・・。 げっそり。

そんなわけで、ランチはイマヒトツで終わってしまいましたが、
まぁ、面白かったので、いいか。

こんなゲラゲラ笑うランチもそうはないぞ。(笑ってたのは当事者だけだが)


CO*2 ] page top
DATE: 2008/05/14(水)   CATEGORY: 旅にでる。
ジョホールのヤスコ ヨコハマヨコスカ。
ジョホールの町に到着、さてこれから町に繰り出すんですが、その前に両替。

今回は、S$100が、RM233(リンギット)でした。
先週よりも、良いレートだったそうです。
どこの両替場所がいいかとかの情報がないので、お友達がいつも使うところに向かいました。

そこに行くまでの短い間に、
タクシーの運転手らしきおじさんたちにたくさん声をかけられました。

あるおじさんが、私たちに向かって、
「ヤスコ!ヤスコ!」 と、声をかけて来ました。

当然、私たちの中には「ヤスコ」さんという人はいないのですが、
ジョホールでは、日本人は「ヤスコ」と言う名前で有名なんでしょうか・・・?

ちがうって。

おじさんたちは、「ジャスコ」と言ってるのです。

そうです。ジョホールにはジャスコがあるんです。(ご存知ですよね)
私たちは、国境越えて、ジャスコにランチしに来たのです!をいをい。

JBでの移動は観光客はタクシーが主な交通手段になります。
ですが、メーターのないタクシーもあり、値段は乗る前に交渉する必要があります。

タクシーにメーターがないんだよ!(普通)

MMさんが、すでに色々調べてくださっていて、値段の相場を把握していたので、
RM15(リンギット)で交渉開始。
交渉はもちろん英語なので、私は横で話を聞いているだけです。
MMさんは、海外生活も長く会話も明瞭なので、高値でふっかけてくるタクシーの運ちゃんを、次から次へとざくざく捌き、
RM15でジャスコまで行くタクシーに乗り込みました。

ここで、このブログを参考にして、ジョホールに行こうと思っている方へのご忠告ですが、
本当の価格(メーターを使っての正規の金額)は、もちろんRM15ではありません。
ですから、その時のタクシー(運転手)によって、もっと安い価格で乗れることも、高い値段でしか乗れないことも、あると思います。その辺は、柔軟に対応する事をオススメします。
それはなぜかというと、復路で起きた出来事でお話します。

そしてここが、
ジョホールのヤスコならぬ、ジャスコです。

jusco.jpg



注)
ジョホールの治安はシンガポールよりは相当悪いので、タクシーなどに乗るときは
一人ではなく複数で。
人気のない所に連れて行かれ、強盗にあうこともあるそうです。
交渉も、強く言って安く値切りすぎると、まったく違う所に連れて行かれ、
戻る時のお金まで要求されたりとか、そういう話も聞いた事があります。
外国だという事をお忘れなく。 充分にご注意なさってくださいね。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/13(火)   CATEGORY: 旅にでる。
バスとMRTでマレーシアに行くざます。
今日は、記念すべき日です。

なんと、シンガポールから初の海外旅行だ~!(日本以外)

お隣の国、 マレーシアへ!

おいおい、なんだよと言うなかれ。
私にとって見れば大冒険なのだ。

パンダバスでも観光ツアーでもマレーシア鉄道でもチャータータクシーでもなく、

いつも使っているフツーの交通機関でフツーに国境越えちゃおうぜという旅です。

もちろん、フツーにスルーするので、歩いて渡ったりもしません。

すみません。なんの盛り上がりもありませんね。はい。

マレーシアは、ジョホールバル(JB)へのプチ日帰り旅です。

わっくわくで早起きをして、集合時間30分前に集合場所に着くオレ・・・。
どんだけだよ。

まずは、MRTを乗り換え乗り継ぎして、クランジという駅に到着。
ここには、目の前に競馬場とかが広がっています。
そういえば、この辺、車でよく来たなぁ。
スンガイに行く通り道でんな。(余談)

bustei


クランジから、フツーにシンガポールを走っているバスに乗ります。
国境越え用の黄色いバスもあるのですが、
それはいつものバスカードではなく、現金80セントが必要なため、
今回は、170番バスに乗ることにしました。

この選択が・・・われわれを恐怖のズンドコに導くのですが・・・。

せっかくカメラを持って行ったのに、
「いつものバスの中を撮ってもなぁ」と、写真が1枚もありません(笑)アホか。

さて、170番バス。
普通のバス停で、普通に、いつもそうであるように、
バスを待ち、
バスが到着し、
バスに乗り込み、
バスが発車します。

そして、
・・・・・。

Sちゃん「そして、ここを曲がって・・・・アレ?」
まや  「あれ?って?」
MMさん 「曲がらないねぇ」

バスは、予定している道を通りません。
それに気づき、慌てて降りる人もいる中、多くの乗客は、
辺りや、他の乗客と顔を見合わせながら、
ちょっとわさわさしはじめました。

ここで曲がれば、元の道に戻れる、
ここで曲がれば、回って目的地に行ける、
ここで曲がれば・・・を繰り返すうちに、
乗客が、運転手に声をかけました。

すると、運転士が、何かを言って、信号で停まった時に立ち上がり、
フロントの行き先パネルを外したのです。

おいおい! このバス、どこに向かっているんだい?

・・・・・これが噂のバスジャック?

ドナドナされてしまうのか! オレたち!

バスは猛然とスピードを上げ、走り出します。

ドナドナドーナードオナー。 そんなBGMが聞こえてこようかというその矢先。

バスはもと来た道に戻りました。

なんだそりゃ。

そして、Sちゃんが言っていた、曲がるはずの所まで来た時、
運転手はまた行き先カードをフロント窓に装着しなおし、
何事もなかったかのように目的地であるイミグレーションセンターへ。

なんだったんだ。 
まぁ、もちろん、本気で焦ったりはしていませんでしたが。

バスを降りて、出国手続きです。
空港の中にあるような、アレです。

月曜日は、午前10時台でも混雑していました。
平日は、そんなに並ぶ事もないはずなのですが、
バスがぐんるり遠回りしくさったのと、出国手続きで待たされたので、
ここまでで軽く1時間が経過しようとしていました。

さて、無事出国手続きをすますと、またバス乗り場に向かい、
乗ったバスと同じ種類のバスに乗りなおします。
私たちは運転手は違いますが、また170番バスを待って乗り込みました。

バスは、フツーに走り出し、フツーに橋を渡り、
フツーに国境を越えちゃいました。

おお!

初の海外出国が、こーんなにフツーな感じだなんて。
さすが一般庶民の私。
しかも、「ジョホールに行くなら、小汚いカッコで」という原則を忠実に守ったので、
国境越えで写真を撮る気にもなりません。
(いえ、おしゃれしてても写真を撮る気なったかどうかは別の話ですがね)

170番バスがマレー鉄道の駅に到着、
私たちはとうとう、ジョホールバルに足を踏み入れたのでした。

長くなってしまったので、後日書きます。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/11(日)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
プロバンスの幻のチョコロール。
最近の記事が食べ物ばっかりなので・・・。

「もうちびマンガは描かないんですか?」と
最近よく聞かれます。

すみません・・・。
描いてるんですけど、全部下書きどまりで・・・。

そのうち・・・。


さて、先日ホランドに行きまして、
日本のパン屋さん、プロバンスの、幻のチョコロールを教えてもらいました。
食べちゃったので、写真はありませんが・・・。

普通のパンの棚ではなく、
レジの横の大きなかごの中に、ビニール袋に詰められて売られています。
一袋6個入り。 6ドル。
小さいのに、高いです。
「ああ、あれか」と、お気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お店に着いた時は、そのパンはなくて、残念がっていたら、
数分後、カゴとともにそのパンは出されました!
お友達が超絶にオススメしてくれたので、買って帰りましたら、

本当に美味しかったです!

ふわふわでやわらかい~。
チョコも多すぎずにいいバランス。
あんまり甘くなくて。

3日目でも、かわらぬ柔らかさにびっくりです。

また、良いものを教えてもらいました。
久しぶりに「パンで幸せ」感じましたよ。

ありがたいことです・・・。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/11(日)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
お得なランチとボボチャチャ。
お友達と、お仕事しているお友達の昼休みを狙って電話をして、
5人でランチをしました。

マリーナスクエアの麻布茶房です。

ランチにお得なメニューがあって、
半ラーメンと半丼で、S$7.9++

味もまぁまぁで、お得感ばっちり!
量は少なめですが、その場合は、マリーナスクエアのキリニーカフェで、
ぜひカヤトーストか、ワッフルを食べてください。

食前でも食後でもOKです!
(私は食前でしたが)

その後、チャイナタウンに移動し、お目当てのものはなかったのですが、
お友達に未体験なデザートをまた教えてもらいました。

その名もボボチャチャ。
なんだそれ。

こんなの。
bobochacha.jpg

ココナツミルクの海に、ヤム芋や、タロイモ?タピオカ芋?と寒天が浮かんでいます。
(半ば沈んでますね)
そして、これはあったかいデザートです。
美味しいでーす。
ローカル感ビンビンですけどね。

おまけに、お友達がかって来てくれて
flybanana.jpg

バナナのフライです。
これまで食べてしまいました。
食物繊維祭り。

これも、ウマイ!

ローカルデザート万歳!

Sちゃんには、
「あきらかに衣だけのところは食うなよ!はがせよ!太るぞ!」と言われ、
泣く泣く諦めました。

衣がうまいんだに・・・。(でも、油は体に悪いなり。ごもっとも)
CO*4 ] page top
ドライバーWの話。
「峠を攻めるのはマシンじゃねぇ!ドライバーの腕だ!」

と、思っていた私でしたが。
だからと言ってトッポでドリフトは危険です。

(なんのことやら)

分かる人だけでよかです。


いえ、ドライバー違いなのですが。
ゴルフの方の話。

旦那様が、最近ドライバーを買ってくれました。
中古なのですが、新品同様にきれいな一品です。
なんでこんなきれいなドライバーを手放すのか不思議なほどです。
(使い飽きたとかなら納得なのですが)

そのドライバーは、男性向けにはもう数年前から認可されて普通に出回っていた
弁当箱みたいにヘッドが大きい一品で、
それが近年女性用にも出回っているのは知っていたのですが、
「頭の大きいドライバー振り回して当たるのは当たり前田のクラッカー」
とか思って、
「貧乏人は技術でカバーさ」と、
旦那様のお古を振り回していた私でありましたが。

旦那様が昨年、弁当箱ドライバーで、キンキン飛ばしているのを目の当たりにし、
また、それで打たしてもらっているうちに、

どうやら、・・・・進化というやつは・・・云々。

自分の弁当箱も欲しいなぁと思うようになっていました。
でもまぁ、
グリーンに出れる様なレベルでもないし、ましてや、私のレベルでは、
道具がどうのと言える立場でもないよなと諦めていた所、
中古の弁当箱が手に入った次第でございます。

ありがたやありがたや。

さて、その弁当箱ですが。

・・・・道具の進化というやつは、侮れん・・・。
悔しいけれども、道具の違いはやっぱりあるもんです。

当たった(たまにですが)時の気持ちいいことったらありませーん!!

まさにタイミングよく、お友達からゴルフのショートコースのお誘いが!
わーい!うれしい~!

いや待てよ。
ショートコースにドライバーはいらねぇよな・・・。

というか、短いクラブでアプローチとか、そっちの方が重要なんだよね。
はっ!
しかも、私、パター持ってきてないんじゃん!(あまりに古いので処分してきた)

そんなわけで、最近は休みのたびに練習場へ。
連休4日中3日は練習に☆
シンガポールの練習場は、日本よりはるかに安いのでありがたいです。

いつかはシンガポールでもコースデビューしたいなぁ。

でも、暑いよなぁ・・・。
CO*4 ] page top
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。