maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/30(金)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
なんてステキなバツゲーム
先週はオーストリアワインの取材がありました。
そこで11種類のワインを飲(むというよりはなめる)で来た事は書きましたが
いつも取材でお世話になっているところから
色々協力してくれたから、このディナーにもぜひ来てよ。
西オーストラリアワインのお披露目だから!
とのことで。

毎日ワインをお召し上がりになるような
オサレな家庭で育ったわけでもなく。
(ウイスキーとかブランデーとかでした・オヤジですみません)

シンガポールでワインに目覚めるにはあまりにも高価だし。
(島根にね、美味しいワイナリーがあってね(甘めなの)そこは好きだったんだけどね)
とにかく、あれだ。
ワ・・・ワインはあんまり得意じゃないんですぅ。(可愛く言ってみた)
味も銘柄もまったくわからんちんだし・・・。
なのに、こんな私に毎週ワインのお誘いだなんてある意味何のバツゲーム?
と、思っていたのですが

でも、せっかくのお誘いだったので行っちゃいました。(行くのかよ)

BEDROCKというお店の一夜限りのすぺさるなディナーですよ。
(だーさんごめんなさい)

シェフのナイジェルさん。遠目でわかりません。
DSCN6247.jpg
西オーストラリアのボイジャーエステートというワイナリーとレストランを持つホテルグループのシェフだそうです。
その方のお料理なんですって。
前菜
DSCN6248.jpg
なになに?セビッチスカロップとセアードポークロインエクロートとカラメルパンプキン
いや~。美味しい~。うまうま~。

コレに合わせたワインはChenin Blanc 2009とな。
このワインは飲みやすい。思わず買って帰りそうになった。
というか私が美味しいと思うワインは大抵スターターだな。
(すっきり水っぽくて甘い)

次が
グリルドペンベルトンマローンと1/2シェルスカロップとセアードタイガープラウン
DSCN6249.jpg
イセエビ~!でっかいよコレ!こんなの食べていいの?一人で?
(すみませんビンボー人なもので)
しかも焼き加減が絶妙!火が通り過ぎる直前でとめててメチャジューシィー
(なのに食べる時にその汁をこぼしたおっちょこちょこなオレ)

コレに合わせたワインが Sauvignon Blanc Semillon 2008
シトラス感のあるワインでしたな。すんません。いいかげんです。

そしてこの後にスープが。
さすが南半球、スープはグリルの後なんだな。(関係ないから)
DSCN6254.jpg
トリュフが入ってるらしいよ~って、周囲の人がものすごく期待をしてて
トリュフを採るのは犬がいいのかブタがいいのか盛り上がる。
結局写真の通り、トリュフは鰹節みたいなものでしたので
一気にトーンが下がる。
そりゃそうでしょうとも。
コレに合わせたワインは Chardonnay 2004 と 2006
飲み比べましょうって、スープにワイン2種類って!

2006の方が美味しかったような気がした・・・。

次のお料理がお肉。
ここでワインが赤に変わる。
なるほど。だからスープが間だったのね。
ハーブドマーガレットベニソン
DSCN6257.jpg
私のお肉だけ、周りに比べると(かなり)小さかったのだが
これはかえってありがたかった。
この時点ではみんなかなりお腹がいっぱいで、「どうしよう、もう食べれない~」と涙目の人もいる中で、私はペロリと完食だったものだから
「すごいわねよく食べれたわね」
「マヤはフードライターだからね」
と、とりあえずほめられた。(いいのかそれで)
(お肉の前にはちゃんとレディースルームに行った私だよ。ふふふん。)

コレに合わせたワインは Cabernet Sauvignon Merlot 2001 と 2004
二種類飲み比べ。
01の方が好きだねと周囲と意見が一致した。JHポイント評価は04の方が高いんだけど
数が少ないのか01の方が値段が高い。

ここでシェフのナイジェルさんがテーブルにやってきた。
DSCN6255.jpg
写真よりも実物の方が結構イケメンさんである。
しかも、疲れきっている。そりゃそうだろうなぁ。

さて、デザートであります。
DSCN6260.jpg
チョコレートエスプレッソババロア
これも美味しかった~。手前のはチョコクランチ、奥のはポーチドされたデーツ。
デーツはあっためても美味しいんだよね~。
蒸しあっためると美味しいよね~。甘さが増すし~。

コレに合わせたワインが・・・え?デザートに?!
あるんです。 Shiraz 2006

・・・・・・・・・・・すみません、コーヒーまだでしょうか。

BEDROCKのコーヒーは美味しいんですよ。
豆が違う~水が違う~腕がちがう~コ~コロがちが~う~ (わかるか?)

今回も含んで捨てるタイプではなかったので
ワインを飲んでは水を飲み~の繰り返しでした。

でも、そうすれば結構飲めることが判明(禁じ手なんでしょうが)
そして私は白が好きだということが判明。
そして私の場合は、ちょビットずつ飲むのが美味しく飲めるんだなということも判明。

なんてったって。お料理美味しかったから!ナイジェルさんグッジョブ!
罰ゲームだなんてとんでもない!
場違いな私を入れて楽しくお食事させてくださって、本当にステキなステキなディナーでした。
こんなチャンスはもう2度とないだろうなぁ・・・貴重な経験でした!
どうもありがとうございました☆

土曜日にシェフのお料理教室があるんだけど、行けないのが心残りだわ・・・。
(行っても食べるだけだとは思うけどね)
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/29(木)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
新しい出会いと夜のJonesさん。
先日とあるご縁でお知り合いになった方とお食事をする機会がありまして

「チーズ祭り」をやろうということになり
(ほぼ初対面でこの提案もどうかと後で思ったけど)

Jonesさんに行ってみました。
お初! 夜のJonesさん。

チーズ部屋で吟味する事30分
チーズプレートはミニマム2種類で70グラムずつ
4種類を選びましたよ。

mamezon 007

左奥から手前右回りに
ナントカチーズトリュフ入り
ゴルゴンゾーラ
ゴートチーズ
ゴ・・・ボ・・・・?なんとか

全然覚えてない・・・。

どれも結構インパクトアリアリのチーズばかりでしたが
トリュフ入りはクリームチーズみたいで美味しかったし
ゴルゴンゾーラは塩味が強めでしたがバターみたいに柔らかくて美味しい
ゴートは、味は確かにゴートなんだけど
ゴートじゃないみたいにまろやかで香りも強くなくて上品
最後のも、すごくいいチーズで食べやすくて美味しいんだけど
いかんせん他のがインパクト強すぎて負けてしまいました。
とろけるプロセスチーズかと思ってしまった・・・。

そのほかに
フォアグラのステーキと
mamezon 008

北京ダックライスペーパーロール
mamezon 002

品数は少ないですがカロリーで絶対勝ってます。(何に?)

全部美味しかった☆
カジュアルだけどいいですね~。

ほぼ初対面でしたけれどお話たくさんさせていただいて
楽しい夜でした。

ありがとうございました。
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/28(水)   CATEGORY: 雑事
デコトラ
先日
シンガポールでデコトラに遭遇しました。

デコトラって何?と言われたらどうしよう。

深夜の高速道路(日本)で走っているアレです。
無料でTDLのテクニカルパレード(古いな)を見たような気分になれます。

こんな感じの。
mamezon 014

光らせて走ってるから何かアピールしてるんだよねぇ・・・。

mamezon 003

後ろにちょこっと写ってる車と比較するとけっこうでっかいです。

で、何かをアピールするために今、光ってるんだよね?

mamezon 005

速くてわかんねーよ?

違うのか・・・。

ドラゴンダンス御一行かしら・・・。

それにしてもハデだった。

それだけです。(おそ松)
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/27(火)   CATEGORY: AsiaXさん
間違い探し。
前回のAsiaXに描かせて頂いたマンガが
ウェブサイトに更新されたんですが

http://www.asiax.biz/column/manga/155.php

ちょっと違うところがあります。(印刷の汚れではありません)
間違い探しです。

どこかわかった人はご連絡下さい。

私のカラオケショーにご招待いたします。

無料で私の歌を3時間聞けます。
もちろん歌ってもかまいません
その際には無料でハモリ入れさせていただきます。

ウソです。(そんなカラオケ誰も申し込まないって)

CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/26(月)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
オーストリアのワイン11種類。
先日

ワインの試食会に呼ばれまして
行って参りました。

私はワインは苦手なので
できれば他の方にお願いしたかったのですが
皆様ご都合あわずでして。

そこで飲んできました。

私のこれまでの人生の中で
一番多くの種類のワインを一度に飲んだ記念日にしましょう。(笑)

yuminyagoさんのワイナリーツアーに比べると
全くたいしたことはないんですが

白5種類 赤5種類 デザートワイン1種類

DSCN6229.jpg


最初に飲んだスターターの白が
思いの他美味しかったのでクイっといけてしまい(日本酒かよ)
おかわりまでもらって白ワインからスタート
半分くらいでちょっとクラクラしはじめまして
赤になる頃には「酔ってるかも」と自覚しました。
で、赤は本当に味見程度にしか飲めずのこしちゃいまして。

でも、最後のデザートワインがまた甘くて美味しくて!
クイっとやっちまって・・・。

ははは。

次の朝、試飲用のレポートシートを見てみると
「誰が書いたんだコレ、左手か!」という文字で
ワインの感想が書かれてあり・・・。
そういえば調子に乗って同席の人の似顔絵を描いていたような気が・・・。

歩いて帰れるくらい正常だったんですけど・・・。

そんな私ですが、来週はオーストリアワインです。

お酒は弱いですけど。何か?
CO*2 ] page top
英会話教室の厳しい現実。
みなさまこんにちは。

シンガポール赴任に同行された奥様で
英会話教室に通って一から英語をやり直すぞ!
と思う方は少なくないのではと思うのですが
英会話教室を選ぶのも大変です。

私の場合はだーさんの会社推奨の英会話教室に来星当時に入って
同じところのままなのですが
自分のニーズに合った、より良い英会話教室を探して
ジプシーになる方も多いそうです。

というのも
一概に、クラスも変われば先生も変わるし生徒さんにもよるし
同じ英会話教室でも、同じような授業が受けられるわけではないのですもんね。
今回、それを痛いほど思い知りましたよ。

シンガポールの英会話教室は
昨年から今年にかけて日本人経営または日本でも経営の英会話教室において言えば
大小あわせて3つが閉校になり
そのうち2校は社長さんがお金を持って国外逃亡という
とんでもない幕切れだったと聞いておりますが
韓国系の英会話教室も、リーマンショック以降
あまりに多くの生徒さんが帰国されたため
閉校になったという話も聞いてます。

もちろん、入金していたお金は戻る事もなく
泣くのは生徒ばかりなりなのですが
そんなこんなで私が通ってる英会話教室でも
シンガポール政府にお金を払うと、語学学校がつぶれた際にいくらか保障をしてくれる
という制度と、それをせずに語学学校に直接お金を払うという方法が
選択できるようになったようです。

一度に半年分とか1年分とかの方が
3か月分よりかなり割安になるのは確かなのですが
できるだけ短く払っていたほうが
実際はお金を守ることになるみたいですね。

いや、最悪の場合ね。


日本でもNOVAという英会話教室で同じような被害にあわれた方も
多かったと思います。
シンガポールにはNOVAはなかったので、対岸の火と思っていましたが
シンガポールでも生徒不足で同じような事に2年遅れでなったので
やはり他人事と侮っていてはいけません。

そんな私ですが、とうとうマンツーマンレッスンを受けて英会話の勉強を終了しようと思います。

長かったね・・・。でも楽しかった。
(だから、終わってないって)




私のバヤイ
つづきを表示
CO*10 ] page top
漫画茶房がオープンしてました。
プリンセップにあった漫画茶房ですが
オーチャードに移ってました。

いえ、メールをいただいていたので知ってたんですが
バタフライ嬢が行ってみたけど見つからなかった
とのお話を聞いていたので
まだお店に行った事なかったんですね。

そしたら先日、漫画茶房さんからメールをいただいたので
行ってみました。

オーチャードのレイガーデンの上の階です。
4階です。
1階のレストランSAKURA入り口の真横のエレベーターで4階まで昇って
ガラス戸をあけて入って右に曲がってすぐです。(右側)
わかりにくい・・・でも一度来たら大丈夫。
以前のカードも使えるとのことでしたし
閉店したと思って捨ててしまった方も大丈夫!
登録時の名前で確認して、再発行してくれました。お友達の分。(笑)

マックがデリバできるんだそうだ。
ゲーム機もあるしパソコンもあるし
やばいなぁ。
プリンセップだったからあまり行かなかったけれど
オーチャードだったら時間があったら行きそうです・・・。
お友達が「レンタルもしているんだ!」と張り紙を見つけていました。
1週間で3ドル・・・微妙だ。
だって1日で10冊は読めるのに・・・。
(持って帰るの大変だから!っていうか、どんだけ)
お店で1時間で2冊読めたらそっちの方が安いかも・・・。
(どんな計算なの)
ここでマンガ描いても怒られないかなぁ。
(家でやりなさい。みたいな)

そんなことをぐるぐる考えてました。(笑)

今日は時間がなかったので、お友達と場所確認のみ。

読みたいマンガはたくさんあるので近いうちに行くんでしょう。えへへ。
というか、借りてくれば良かったかも・・・。
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/20(火)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
高島屋でホッカイドー
ブルネイ旅行を引っ張りすぎたんで
・・・って、いい加減このフレーズもアレですが

なかなか時間が現在進行に追いついていません。
この後、また過去のことをグダグダ書くことになるので

今日はちょっと今日のことを書こうかと。

S子嬢の誕生日だったとかどーでもいい話はおいておきまして

高島屋に行ったら
偶然北海道フェアをやってたんですね。
初日だったんですよ。
もう、入るなり天国ですよ。気持ちは逝きました。

で、あれこれY美ちゃんと見回ってたんですが
そこで1本のゆるぎない列が。

注:ゆるぎない列というのは、シンガポーリアンは買う気がなくても
ショーケースの前にズラズラ群がっているので
並んでるの?買うの?買わないの?この列なんなの?
な現象が時々起きているんですが
そこは確実に並んでたんですよ。

そこで売ってたのは、アレです。なつかしの「白い恋人」
シンガポーリアンは、あのお話を知りませんので大人気だったようです。
日本人はあれですよね、悪い報道だけは伝わってきた割に
そのあとどうなった的な話があまりなかったので
イメージ良くなってないままかもしれませんが

我々が高島屋に行ったのは1時前だったと思いますが
すでに完売。
六花亭のストロベリーチョコレートも完売。

シンガポーリアンはホワイトチョコが好きなのだと見た!

なぜかといいますと、まだ、「マルセイ(レーズン)バターサンド」が残ってたからです!
なんでだー!普通そっちから売り切れちゃいそうなもんじゃないのかい!

と、いうのは私の好みの問題による独断と偏見でした。

土曜日に高島屋に来たときに広告だけ見ていて食べたいな~と思っていたので
無事にGETすることができました。
DSCN6192.jpg
えへへ。
しかし、これさえも振り返ったら完売していた・・・。
今のところ追加で入荷する予定はないとのことでした。
食べたい方はうちに遊びに来てね☆
でも、5個で12ドル・・・高い・・・。
もし、大好きな小川軒のレーズンウィッチが来たらもっと高いんだろうか・・・。
代官山じゃないと嫌だとかいいません。鎌倉でも目黒でもありがたいです。
(誰にお願いしてるんだか)

シンガポールで買えるだけありがたいと思わなくちゃ・・・。

その次に並んでいたのが
コロッケ屋さんでした。
シンガポーリアンはコロッケが好きと見た!
このお店
DSCN6194.jpg
このお名前なら北海道の方はご存知でしょうか。
DSCN6193.jpg
コロッケを揚げてらしたおじさんが、まるで「コロッケを揚げるために生まれてきたような」おじ様で
(ウソかどうかぜひ見にいらしてください)とっても和みキャラでした。
並びながらおじさんのお仕事を見ていて
気になった事がありました。
コロッケが入っているトレイ(バットという)が金色なんです。
ものっすごいゴールドなんです。
ブルネイの皿だってこんなに光ってませんでした。
それで思わず
「あのう・・・なんでこのバット、こんなに金色なんですか?」
と聞きましたら
おじさまが
「それは・・・。コウモリだけが知っているんです

・・・・・ああっ!

わかる人だけ笑ってください。
お茶目なおじさんでした。
歳がばれました。
DSCN6196.jpg
なまらかにクリームコロッケとえびクリームコロッケとかぼちゃコロッケと
・・・・あと何だったっけ・・・?
胃袋に聞いても~答えは返らない~。

その後に回ったのが
シュークリームのお店。
すんごい狭い場所で、4種類ものシュークリームを作らなければいけないらしく
パティシェさん大変そうでした。
ショーケースになかったんですがお願いしたらその場でホイップして
新しいのを作ってくださった。なんて良い方なんでしょう・・・。
苦労話はまだ続くのですが
日本からホイップマシンを持って来ようと思ったら
重すぎて超過料金が高すぎたので断念
高島屋にお願いしてたのに準備できてなくて
しかたなくベスト電器で朝買ってきたんだ、って!
そんなあんまりな・・・。
で、私がとどめの一言を言ってしまったんです。
「週末、大変だと思いますけど、頑張ってください」
「ええっ?ここ、人多いの?」
したらY美ちゃんもたたみかけて
「多いですよ。ハンパないです」
すみません、パティシェさん。
頑張って乗り切ってください。

オススメのきなこシュークリーム
ハンパなくウマイです。
DSCN6191.jpg
ちなみに奥はプリンシュークリーム。

ごちそうさまでした。

ありがとう!北海道!
デッカイドー ホッカイドー!
CO*6 ] page top
DATE: 2009/10/19(月)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
今更ながら月餅ですが。
ブルネイをあまりにも引っ張りすぎたので
今更な話題なんですが

今年も月餅食べました。
スノースキンがやっぱり好き。
トラディショナルタイプも食べたんですけど
即効でお腹壊しましたんで・・・。

今年の月餅のメインは
TWGナリ。

DSCN5881.jpg
黒いのと

DSCN5882.jpg
白いの。

オセロか・・・・。

(でかいのでそれは無理)

美味しくいただきました。
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/18(日)   CATEGORY: 旅にでる。
ブルネイ観光2
観光って・・・
ああた、ショッピングセンターにしか行ってないじゃん。
みたいな。

ええと。

まぁ、美術館とか見たかったんですが。
ちょっとだけ。
どうやら
だーさんは観光に向いていないようです。

空気読みました。

そんなわけで
今日は別のショッピングモール。
先日より規模の大きい
郊外の大型ショッピングモール

地元で人気のスーパーも入った大型ショッピングゼンター
ブランドもショップも軒を連ねている!

と、某本に書いてありました。

バスで行くのはもういいやと思った我々は
ホテルにタクシーを頼みました。

数分後ホテル入り口に現れたのは
白いスポーツタイプの車

・・・・・・・ブルネイのタクシーは、車の上半分を黄色にペイントしていると
某本で読みました。
この車のどこにも、タクシーの表示はありません。

車に乗り込むと
やたらオシャレなサングラスをして
車と同じ白い色のポロシャツの、襟を立ててるタイプの7分刈りのお兄ちゃんが
運転席に座っていました。

これは、どうみても彼の車ざんす。

でも、フロントグラスにエンパイアホテルのステッカー
(入館証かとおもわれ)が貼ってあるので
ホテルが雇っている人には間違いないのでしょう。

でも、おそらく運転手として雇っているわけではナイと思います。

目的地はすでに知っていたらしく
我々を連れて行ってくれましたが
どうやらあまり英語が得意ではないようで
何の会話もなく到着しました。



やっぱり30ドルなんだわ。

タクシー一律料金制度って・・・馴染まない・・・。

さてこのショッピングセンター
日本にもある郊外型アウトレットモールのような建物が2棟
並んでいるような感じで
その間に小さい子供さん用の滑り台とかの遊具があり
その周りのベンチでゆっくりする事もできます。

私のお目当てだった
これも近くに見えました。
DSCN5838.jpg
豪華絢爛モスク
写真にすると小さいけれど
けっこうドドーンという感じです。

ほら、ホテルにあったあれだよ!
DSCN5819.jpg
模型。

似てないじゃん!

この辺りには、こういう建物がたくさんあります。
美術館なども、徒歩圏内というか
このあたりだと公共バスがたくさん走っているので
1回1ドルでぐるぐるすれば
けっこう見回ることができます。

それをやりたかったんですが・・・

2日続けたゴルフの筋肉痛と
モスクの写真にもありますが
黒雲がどよよんしていて 今にも雨が降り出しそうな空で
歩き回る気力がありませんでした。
実際、ショッピングセンターから出られないくらい
土砂降りになって
そのおかげで地下道見つけてスーパーも見つけたので
良かったんですけどね。

車窓から色々見たからまぁいいか~。みたいな。

ていうか、ここで突然思い出したんですけど
ここらあたりをぐるっと回るだけなのに
一人40ドルはもしかしたら
安くないんじゃ・・・・。
おそらく
市内観光、誰にお願いしても一律料金
なんでしょうねぇ・・・(笑)

で、お目当てのショッピングモールですが
ブランドショップってナイキだった・・・。

いや、間違ってないけど。

それ以外だとGUESS止まりだった・・・。
もちろん、リーバイスだってブランドだしなぁ・・・。

でも、面白かったのは
食器類やテーブルまわり品など
皆さんお金持ちなわけですから
売ってる食器がごてごてと華やか!キラキラときらびやか!
豪華な花柄のもの、ガラス細工のもの、が多いんですが

シンガポールのものとはやっぱり違うんですよ。
テイストが。全体的に。

シンガポールって同じ花柄でもやっぱり中華なイパネマですよね。

また、音響モノも大好きなようで
私は久しぶりに普通の電器屋さんで
イコライザーとかチューナーとかカラーボックスくらいのスピーカーとか
見ましたよ。
マイマイクもすごくたくさん。
金マイクも当然。
カラオケ好きなんでしょうねぇ・・・。

さっきここまで送ってくれた若者のの車にも
けっこういいオーディオついてたし。

でも、パソコン関係の売り場のはしっこで
10年位前の日本のスキャナが売ってました。
プリンターもメチャメチャ古かった。
おそらく、中古品を売っているのだと思うのですが
これ、動くんだろうかという感じです。

なんだかんだ言って
私も電器屋さん好き。
けっこう何でもそろってるし
シンガポールよりはちょっと安いし。

スーパーも見てまわりましたが
コールドストーレッジ並みには品揃えも豊富なので
(でも豚肉とお酒とタバコはないんだけど)
売っているものはシンガポールとそんなに変わらない。
変な日本語お菓子とかもあったりして面白い。

ショッピングセンター自体は小さめのジャスコと同じような規模です。

こりゃ・・・。
住めるな。 (本当か?)

「住まないから」(byだーさん)

ホテルまでタクシーで戻ろうと
タクシースタンドらしき場所に行ったら、タクシーが1台止まってました。
乗せてもらおうと窓を覗くと

昨日のタクシーのおじさんと同じ人だった!
(呼んだのではなく、もともとそこに停まってた)

ブルネイはタクシーが少ないというのはどうやらウソではないらしい。
それ以外の某本のことは話半分以下に思っておいた方がいいですけどね。

だーさんはピュアなんで、そこに不思議な縁を感じたらしく
「このおじさんに観光頼めばよかったなぁ」なんて。
そこかい!

ホテルに戻ったら天気が良くなって・・・しまったので・・・
また午後からゴルフになってしまったんですけどね。(3回目)

結局、お土産は空港で買うしかないんですが
DFSはちっさくて香水しかないのでがっかり。
小さなお土産やさんはたくさんありましたけども。

・・・・・そりゃそうだよな。消費税とかないんだから。(国内で買っても値段一緒)

そんなわけでブルネイ終了です。
ながながお付き合いくださりありがとうございました。

ゆっくりのんびりホテルステイして
だんなさんはゴルフして子供はプールで遊んで
奥様はスパでマッサージ受けて映画を見て(敷地内に映画館があります)

ちょっと市内観光でキラキラしたものを見るなどすれば(なんだそれ)

ブルネイは楽しめますよ。

そして安い。

また行きたいなぁと思います。
(今度は市内観光と買い物しよう。)

あっ!
帰りの飛行機に乗るのに
チェックインで空港税をダブル取りされた!一人12ドルも!
そして空港が狭いうえに大混雑しているので
色々時間がかかります。
みんなのんびりやさんだから。
なので、行動はお早めにね!

もしこのブログを参考にしてブルネイに行かれる方がいらしたら
(そんな人はいねーと思いますが)
これらはあくまで私の場合ですので、参考は半分以下にしておいてください。

皆様も、ぜひ良い旅をなさってくださいね。

「はーい」
って、私が返事をしてしまったんですが。
それは次回。
CO*4 ] page top
DATE: 2009/10/17(土)   CATEGORY: 旅にでる。
ブルネイ観光
だーさんのゴルフの合間をぬうようにして出かけるつもりだった観光だが
自分の体力をいささか侮っていたようで
朝7時からゴルフして午後1時に部屋に戻るとけっこうぐったりです。

しゅるしゅるしゅる。

ゴルフをしているときに、ゴルフ場にいるアドバイザーが
面白い提案をしてきた。
「もし、シティ観光をしたいなら、僕が車を出すよ。モスクとか美術館を回って1日一人40ドルでどう?もし、水上集落を見にボートに乗るならプラス25ドルひつようだけど」
彼はシティにあるモスクと美術館の名前を3つくらいだして、そこに連れて行くよと。
ホテル往復送迎で観光地につれまわってくれるなら一人40ドルは安い。
「朝10時くらいに出て午後4時には戻れるよ」
親切なお話だなぁと思った。
で、だーさんが
「僕らあと2日いるんだけど、君の休みはいつ?」
と、聞いた。そりゃぁ、お休みの日に連れて行ってくれるのだろうから、ごくまともな質問だと思ったが。
すると彼は
「明日でも、明後日でも。なんなら今日の午後からでも僕は休みを取れる」
私の中ではちょっと?マークが出た。
自由なホテルなんだなぁ・・・ここは・・・。
まぁ、ここまでは前フリである。

で、その日
午後にちょっと復活したので
シティに出かけようと思った。
「世界の○○○方」という本に、「公共バスを利用すれば便利」と書いてあったので
私はバスに乗る気まんまんだった。
ホテルにも、「公共バスルート・エンパイアホテルを通るバス」と
書いてあったので
そのカウンターで「バスに乗りたいんだけど、乗り場にはどう行けばいい?」と聞いたら
「バスに電話する」とのこと。
「バスに電話する?」
どうやら、ホテルの近くを走っている国営バスを、電話で呼びつけて、ホテルまで回ってきてもらう仕組みなんだそうだ。
って、もともと乗ってる人には想定外の遠回りなんじゃ・・・。
つまり、ホテルにバスが定期的に来るのではなく
バス会社に連絡して、その辺を走ってるバスに頼むというわけだ。
公共バスの値段はシティなら1ドル。
でも、バスはいつ捕まるかはわからない。
短くて15分後。
15分後にバスが1台やってきた。
行き先も告げてバスを呼んでいたはずなのに
バスの運転手は「このバスはメンテナンスに向かうので客は乗せない」とのこと。
・・・・だったらなんでここに来るんだよ・・・。
と、ちょっと思った。
次のバスを手配してくれたのだが
「10分後には来る」 「20分後に来る」 「30分後には・・・」・・・
どうやらバスはホテルまで来たがらないらしい。
手配してくれる人も
「バスが実際どこを走っているかもわからないんだ。連絡が取れた時のタイミングにもよるので時間は約束できない」とのこと。
最初にバスの相談をしてから1時間かかってようやくバスが来た。

バスといっても、われらがGWCのシャトルバスよりははるかに小さい。
日本人会のバスよりも小さい。
リャンコートのバスのサイズだ。
(どのバスにも乗ったことのない方、すみません)

1ドル払って目的地のバス停まで乗って行った。
けっこう長い時間乗ってた。意外とシティから遠かったのかしらねと思って
バスを降り、今日の目的地に向かった。

目的地はバス停から歩いて5分。
「THE MALL」というショッピングセンター。

申し訳ないんですが写真がありません。

ムスリム信者の人々が多い国では
写真に撮られる事を嫌う人が多い。
これはドバイも同様だったんだけど
写真を撮る場合は人が入らないようになど、細心の注意が必要です。
でも、カメラを向けられただけで警戒する人もいるので
だーさんに「写真はダメだよ」と言われてた。

もちろん、観光名所は良いんだろうけれど
ここは一般のショッピングモールだからね。

ブルネイにできた大型のショッピングセンターで
週末ともなると大勢の客でにぎわう。

・・・・にぎわう・・・・。

ぜんぜん賑わってない。

人がいないピープルズパーク・・・。
もしくは人がいない(そんなことありえないが)ラッキープラザ。
日本の皆様に言うとすれば・・・
規模の小さいジャスコ・・・・。

くらいのものでした。

時期がラマダン明けてすぐだったので
旅行に出かけてる人も多く、ブルネイ住民がブルネイにいなかったのかもしれません。
シンガポールF1がいまいち盛り上がらないのも
ラマダン明け直後すぎで人がいないからだという説もありますしね。

でも、電気モノのお店(携帯電話とかメモリとかCDとか)が
たくさんあったので、だーさんは一通りお店を見ていた。
4階全部上がって、全部回って降りてみた。

所要時間20分

終了。
ええと・・・。

まぁ、仕方がないかと。
では、ホテルに戻りましょうということで
バスを1時間待つのはもう嫌だったので
タクシーで帰ることにした。

ブルネイのホテルはマレーシア同様
基準料金はあるが、交渉制なので
ホテルで料金の目安を聞いておいたら
「30ドル」
「30ドル?バスで1ドルの区間がタクシーで30ドル?」と
びっくりしたりもしたけど
横浜で当時バス料金は一律210円だったにもかかわらず
タクシー乗ったら2000円超えたりするわけだから
そういうこともあるのかもしれないけど
って、でも70円と2100円って差はどうよ!みたいな。

まぁ、そこでごねても意味はないんだけど。

で、ショッピングモールの駐車場の外に立ってるガードマンに
「タクシー乗り場はどこです?もしくはタクシーを捕まえられる場所ってどこ?」
と、聞いたら
「どこまで行くんだ?」
「エンパイアホテル」
「だったらオレが乗せて送ってやるよ。30ドルで」
「はい?」
「オレ車持ってるし、ちょっと待ってくれれば車回してくる、あ、駐車場に降りてくれれば一緒に出ればいいし」
ええと・・・。
これがマレーシア、特にジョホールバルだったら、走って逃げなくてはなりません。
それくらい危険な申し出です。
こんな申し出にホイホイついていったら、身ぐるみはがされてジャングルに捨てられちゃいます。
(イメージ)
でも、このガードマンさん
ぜんっぜん悪気がないというか、本当に親切で言ってて
危険さを微塵も感じません。
「ええと・・・ちょっと旦那に聞いてみる」
そこでだーさん登場
「え?送ってくれるの?でも、君、仕事中でしょ?何時に終わるの?」
「いや、休憩とれるし。このまま終わってもかわまないし」
自由な職場なんだなぁ・・・ここは・・・。
あれ?こういうのって、他にもありましたねぇ。
しかし、さすがにだーさんは怪しんだらしく
「いや、タクシーに乗りたいから」というと
「わかった、呼んでやる」
呼ぶんだ!あなたが!ここで!
程なくタクシー登場。
エンパイアホテルまでいくらか聞くと
「通常30ドルだけど呼ばれたので35ドル」
5ドル増しってシンガポール並みの上乗せじゃね?と思ったけれど
タクシーは少ないと聞いたのでそれで帰ることにした。

帰る道すがら、タクシーのおじさんが
「明日、シティ観光するなら、呼んでくれればオレがくる。
どこにでも30ドルで行くから

・・・・ちょっと待て・・・。
ということは、ブルネイはどこに行っても30ドルなんじゃないのかい?
一律料金のタクシーってことか・・・。

長くなってしまったので今日はこの辺で。
ブルネイのタクシー話にはまだ続きがあります。
すみません。しつこくて。
CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/15(木)   CATEGORY: 旅にでる。
美味しいイタリアンと最後の晩餐。
で、翌日はちゃんと予約してイタリアンへ。

ホテルの中にあるちょっといい感じのイタリアンです。

オススメのドリンクがローズとジンジャーとピンクグレープフルーツのジュース
美味しかった。
ブロッコリーのクリームスープに
なんだっけ?グッシリーニ?グリッシーニ?
ちゃんとパンもついてるんだけどね。
このパンがまた美味しくて、食べ過ぎた。
DSCN5833.jpg

前菜がピザだよ。
DSCN5836.jpg

私はサーモンのラビオリをいただきました。
DSCN5835.jpg
これでスモールサイズなんだって。

だーさんはアリオリをスパゲッティで頼んだんですが
写真を撮る前に食べてしまってたんで写真なし。
まぁ、アリオリって、麺しかないから・・・。

スモールパスタとピザだけでお腹いっぱいだよ~。

通常サイズってどんだけだ!
ちなみに、ムスリムの国なのでアルコールはありません。
メニューにも載ってません。(聞けばあるのかしら)
モクテルはありましたけどね。(ノンアルコールね)

でも、美味しかった!ブルネイで美味しいイタリアンが食べれるなんて!
というか、私のチョイスが私好みだったっつーことで。
他のメニューはわかりません。


そしていよいよ
ブルネイ最後の晩餐!
午前中市内観光して
午後、突発にゴルフをしてしまった我々。
曇りだったのがまだ救いだったけれども
でも、くったくた。(私は)
だーさんはスコア更新で喜んでいたけれども
私は結局初日と同じスコアでがっくりだし(頑張ったのに)

なんだかもう、中華とかシーフードとか(後のレストランはその二つしかない)
そういうのに行く余力がない。
すんません年寄りで。

で、記念すべき最後の晩餐は
ルームサービスアゲイン・・・。

でも、ちょっと奮発してメインはお肉にしてみた。
わくわく。
また、ワゴンがごろごろやってきて、テーブルに変形する。
今回は色々頼んだので
「自分でナイスタイミングで保温機から出してください」とのこと。
まぁ、そばで立って食べる間待たれてるよりはいいかも。

ベジタブルクリームスープ。
DSCN5842.jpg

濃厚で美味しかった。

パンが色々。
どのパンも美味しい。あったかいし。
DSCN5843.jpg
しかも無料。

前菜にと思ったミートボールパスタ。
DSCN5845.jpg
写真が悪くてごめんなさい。
ミートボールパスタなのでミートソースだと思いきや
トマトソースだった。
でも、昨日のイタリアンレストランのではなく、ホテルのカフェの軽食メニューのものだったようで
トマトソースが缶詰だったらしい。
私が食べられたのでそうなんだろう。
だーさんにはすっぱかったらしく。
「このパスタ変だ!」と言っていた。

だーさんのメイン
フィッシュ&チップス
DSCN5846.jpg
なんで最後のチョイスがこれなんだい?だーさんよ・・・。

私のメインは
テンダーロインステーキダーッ!
DSCN5844.jpg

接写にしてしまったんで
大きさがリアルにわからないんですが
これがけっこうでっかいシロモノでびっくり。
しかもやわらかくてジュースィーだったのだ。
だーさんのでっかいフィッシュ3切れのうち1切れと
少し交換しました。
フィッシュ&チップスも美味しかったです。ポテトも!
古い油じゃない感じ。(ホーカーじゃないんだから)

でも、いかんせん、油ギッシュ。
だーさん、この後胃もたれでダウンでした。

私は完食でした。ええ。人様の分まで。

パンを残したのが心残り・・・。

いいかげんにしなさい。


次回はブルネイ最終回。
今更ながら観光編です。
CO*6 ] page top
DATE: 2009/10/14(水)   CATEGORY: 旅にでる。
ブルネイごはん。
初日の夜はルームサービスでお手軽に済ませてしまった我々でしたが
せっかくですから、ホテルのレストランを試さねばと思いまして。

お目当てのイタリアンに行ってみたのですが
予約がないと入れないとのことで
ホテルのブッフェに。

でも、ほら、アジアのホテルだから
ブッフェもアジアンフードなのだということを
忘れていたのだよ。私は。
しかも
特別お試しメニューは中華料理です!って。
美味しかったけど、それは試食のみでした。

で、ブッフェのお皿1枚目
DSCN5823.jpg

2枚目
DSCN5826.jpg

スープをはさんで3枚目 デザート。
DSCN5828.jpg
ケーキは美味しい!

全体的にいつも食べてるものと変わらないものが多いです。
カレーも多いし・・・。
でも、ムスリムの国なので豚肉はありません。
ベジタリアンも多いので、野菜のグリルものとか
メニューは種類が多いしバラエティが豊富。
(↑読み返して泣きそうになった。何だこの文章)

ええとですね。サラダコーナー、スープコーナー、肉コーナー、魚コーナー
寿司コーナー、カレーコーナー(ライスコーナー) デザートコーナー、炒め野菜コーナーなど
カテゴリーが色々あって
なおかつどれも3種類以上の違う味があるので種類が多い
ということを書きたかったんですが
それにしてもはしょりすぎでしょ。オレ。

でも、具はチキンとサカナが多かったな。
先日ルームサービスで見たのと同じお寿司がありましたよ。
なんていうか、昔日本で流行った「無国籍料理」ってやつですな。
味は普通です。
普通にいただけます。

飲み物が、なんだか覚えてないんですが・・・。
こんなの。
DSCN5830.jpg
なんだっけなぁ・・・。つまり
無難にコーラにしておくべきなのよね。私はね。

朝ごはんも同じ場所です。
DSCN5831.jpg
オムレツとか目玉焼きとか作ってくれるし
デニッシュもパンも美味しかった。
マレーシアのパンって、美味しいのに
何でシンガポールのパンはまずいんだろう・・・。
いや、ホテルのパンは美味しいんだよね。
なんでパン屋のパンが・・・(エンドレス)

コーヒーは「これでもか!」っていうくらい苦いです。
コピ用のコーヒーだと思う。
つまり、砂糖とミルク入れないとのめない・・・。

そうそう。だからベーコンは、牛肉のベーコンなのさ。

長くなったので、ごはん編、分けます。すんません。
CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/13(火)   CATEGORY: 旅にでる。
エンパイアホテルを散歩する。
すんません。
土曜に復活するとかほざいてましたが(わたしが)
結局今日になりました。
とりあえず、載せられなかったゴルフ写真を前回の日記にプラスいたしました。

で、皆さんがお知りになりたかったホテルの話に。
すみません。かなり遅いですが。

1日目のゴルフが終わってから
ホテルの外側を探検しに出かけたのです。
初日はもう暗かったので
外で写真は撮れなかったのでね。

でっかい敷地のでっかいホテル。
DSCN5797.jpg
これが、メインエントランスの裏側です。
庭方面の出口です。
私達が泊まったのは左側の建物。

DSCN5801.jpg
プライベートビーチは2箇所。
どうやら手作りっぽいけど。

メインエントランスはさんで会議室とか結婚式会場用の棟があってその向こうがまた宿泊棟らしいです。
DSCN5803.jpg
こちらはアクティビティ用のビーチらしいです。
子供用に毎日プールでのイベントが用意されていて
今日はビーチバレー
水泳教室
ビーチサッカー
その他色々

子供たちが毎日楽しんでいました・・・
って、その時間我々はゴルフしてたんで、その帰りに子供達を見ただけなんだけど。

DSCN5804.jpg
その奥にさらに宿泊棟
こっちの棟の真下には高級外車が芝生に横付け・・・。
どうやって入ってきたのかの方が謎・・・。

DSCN5802.jpg
ここはまだ海じゃなくて敷地内のプール。
でかすぎて運河かと思った。

DSCN5799.jpg

お散歩コースの向こうは海なので
きれいな景色を見ながらお散歩できるのですが
この海が意外と日本海並み・・・波の荒さがね。
シュノーケリングはちょっと難しそう。

DSCN5805.jpg
陽も暮れてまいりましたよ。

DSCN5806.jpg
そういえばシンガポールでは
なかなか沈みゆく夕日を見れないですよね。
なので堪能することに。

DSCN5816.jpg

お腹がすいたなぁ・・・。

(まだ続く)
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/06(火)   CATEGORY: 旅にでる。
ニコラウスじゃなくてニクラウスだから。(写真つき)
・・・・って、だーさんが。

ブルネイのエンパイアホテルのゴルフ場は
ジャック・ニクラウス設計なんだそうです。

お友達が「ビンタンのJ・ニクラウス設計のコースはそんなに難しくなかったよ。平坦で」
と、言っていたので
「こりゃースコア更新か~?」
と、張り切って行ったんですけど。

さすが。もと王室御用達だけあってきれいなコース
DSCN5788.jpg
ちゃんと芝も刈ってあるし、落ち葉もきれいに取り除かれてる。
なんだかフラットな感じだし。フェアウェイも広そうじゃない。
これなら!

ところがどっこい。

山あり谷あり川アリ池アリ
DSCN5791.jpg
この池はまだ可愛い方。でもつっこみましたけど。
やっぱり池があるとボールを投げ込まずにいられない・・・。
金のボールになって戻ってきておくれ・・・(涙)
川も谷もオールソー。

砂場に囲まれたホールあり
ドッグレッグもあればチキンフィートもあり。
DSCN5793.jpg
ここも可愛くない。
まっすぐに見えるが実はここにいたるまで出発地点からカーブしている上
バンカーの手前で谷になりバンカー越えても右に行かねばならず
フラッグはさらに左。

難しかった・・・。
新スコア更新ならず。

ラフが深くてボールみつかんないし。
いや、そりゃずっとフェアウェイに打ってれば、そんなことにはならないけれどもさ)

二日も予約したのを激しく後悔しました。
だーさんも、1日目より2日目の方がスコアが悪かったので
3日目も「ゴルフやる」と言い出し
けっきょく3日間ゴルフやりました。

でも、たぶん、ビンタンより安い・・・んじゃないかと。

もっと練習しないとなぁと反省ゴルフでした。

でも、面白かったです~。
二人だけでもプレーさせてもらえるし。
次の組とはかなり間があいていた。
(私にとってはとてもラッキー・下手なので)

だーさんの夏休みだったんで
ゴルフ三昧が夢だった彼にとっては
いい旅行になったようです。
その証拠に
「また旅行行ってもいいなぁ」と
旅行嫌いの彼が言ってたんで。

作戦勝ち。
CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/02(金)   CATEGORY: 旅にでる。
ブルネイにて、最初の晩餐
ホテルについて部屋で荷物を広げたあとは
今夜の食事をどこにするかとか
何がどこにあるのかとか
そんな好奇心を満たそうと
散歩をしようと思ったのでありますが

6時半を回ってしまって
さすがに外は暗い。

広い庭と5つのプールもこれじゃ良く見えないし
外にあるレストランはシーフードなので
だーさんはあまり興味がなかった。

仕方なく

モスクを見て帰ってきた。
DSCN5819.jpg
模型ですけど。

ホテルには、中華料理・シーフード・イタリアンのレストランと
ホテルのブッフェ、ゴルフのクラブハウスにあるウェスタン
食べるところはその辺りですが

なんとなく、どこに行きたいとかが思い浮かばず
だーさんが
「せっかくだから、ルームサービスでもしてみよう」
と言い出し。
そんなゴージャスな!
と、思ったんですが、メニューを見つけて広げてみると

軽食が12ドルから。
大き目のお皿物でも20ドル前後。
テンダーロインのステーキでも33ドル。
これに10%のサービスチャージがつきますが

・・・・・・・部屋まで持ってきてくれるにしては
安いんじゃないでしょうか。

そんなわけで
こんな時にしかできないぞとばかりに
ルームサービスを頼んだのであります。

30分後、ワゴンに乗ってご飯が到着。
ワゴンがそのままテーブルになって
テーブルの下の保温機から食事が並べられました。

こんな感じ。
DSCN5783.jpg
なんかちょっといい感じでしょ。

でも実は
私が「食べたい~」と思って頼んだのは

チャークウェイタオ
DSCN5784.jpg
おいおい・・・。

二人でつまもうかーって頼んだのは
お寿司もりあわせ。
DSCN5785.jpg
というか巻物もりあわせ。

んで、だーさんが食べたかったのは
DSCN5786.jpg
チャーハン・・・・。

なんなんだあんたら。

・・・・・いや、だって、メニュー多すぎて何にしていいかわからなかったし
飛行機乗る前に食べたのがハンバーガーだったんで
お肉はもういらなかったし。

なんか、食べたいもの~って思ったら
いつものものになってしまった・・・。

軽く 炭水化物祭り・・・。

普段5ドル以下のクウェイタオしか食べた事もなく
もちろんそれで満足してますけども
さすがホテルのはシーフードもたくさんだし量も多い
目玉焼きまでのってるのよ!
でも、クウェイタオのくせに22ドルもしましたよ!

ちょっとアホかいと自分でも思ったんですが。

野菜も魚もたっぷりで味も美味しくて
滞在中、もう一度食べたいなぁと思う気持ちをずっと抑えておりました。

だーさんのチャーハンはさ、ほら、チキンウィングのってるしね。

なんてどうしようもなく庶民的なチョイス。(笑)

まぁ、部屋で二人でゆっくり食べられるのって
のんびりしてていいなぁと思ったりしてね。
そのままごろんとできるしね。

そんなこんなで、初日は終わるのであります。

明日は朝からゴルフだぞ!
待ってろよ!ジャックニコラウス!(byコースデザイン)
CO*2 ] page top
DATE: 2009/10/01(木)   CATEGORY: 旅にでる。
ブルネイの7つ星ホテル お部屋編
7つ☆だと書いているのが「地球の###方」という本なので
(そこに入る言葉は色々あるそうです。ご想像にお任せします)
公式発表なのかどうか、そもそも
どこで発表されると公式なのか知らないというか
ググるつもりもないんですが・・・。
(ご存知でしたら教えてください)

チェックインをした時に受付の人が
「今回は、ナントカクラスのお部屋をご予約ですが
ひとつ上のお部屋が空いておりましたので
グレードアップさせていただきました」
とのこと。
そんなことがあるのか~。
宿泊客全員に言ってるとしてもちょっと気分が上がりますね。

とはいっても、ああた。
二人で15000円しないお部屋ですよ。(1泊)
新横浜駅のビジネスホテルでもそれくらいはしますのでね
そーんなに期待はしてません。

部屋は2階です。ロビーより低いっていうのが
なかなか慣れませんでした。

一部屋しかないお部屋ですが
DSCN5775.jpg
ベッドも大きめで
ベッド同士の感覚も広め。
天井が高いので広く感じます。
窓というよりベルベットのカーテンが好きかも。

ベッドルームと同じ奥行きのバスルームは
DSCN5776.jpg
洗面台が二つ。

画面左側はシャワーブースとトイレブース。
それぞれ別れてて、意味もなく広い。
トイレは洋風便座とムスリム信者用のおしり洗い用と別々になっています。
スペースが広いから良かった。

シャワーもちゃんとお湯と水が出て、勢いもあるので
不自由は感じませんでした。
大理石のシャワーブース、日本から来てたら喜んだかも。
ホテルのシャワーってバスタブの中が普通だし。
でも、今のシンガポールの家も、なんちゃってとはいえ見た目大理石なので
あんまりありがたみがなかったり。

ちなみに、バスタブもありました。
DSCN5777.jpg
左側切れちゃってますが140センチくらいはありそうです。
湯船にゆっくりつかるのはやっぱり気持ち良いですよね。

お部屋の反対側からドアの方へ
DSCN5778.jpg
ついたての向こう側には
スーツケースが横に二つ並べて開けられる、これも大理石ちっくな台とクローゼット。
アイロン台とアイロンも標準装備。
ドアがね、でっかいんです。

さてさて、まぁ、こんな感じですが
普段ビジネスホテルに泊まり慣れている我々にしてみれば
高いお値段の部屋ならば別ですが
二人でこのお値段ならば、広いなぁと思いまして
お得感がありましたよ。
狭い部屋だとイヤんなりますが
これならダラダラする気になるかも。

落ち着いたところで、次回は晩御飯です。

まだ続く。
CO*0 ] page top
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。