maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ラルクさんのフィルムコンサートへ。
そういうわけで
ラルクさんの20周年記念ライブ(味の素スタジアム)のフィルムコンサートを見に
映画館に行ってきました。
プラザシンガプーラの映画館のチケットはほぼ完売。
ほぼと言うのは、前の方の席は誰も買わないからです。
お客さんは意外なほどシンガポール人が大半。

とはいえ、私たち(私とお友達のA野さん)が行ったのは、プラシンの7時20分の会場。
プラシンでは7時開始の会場、VIVOでも7時と7時20分の2会場あったので
そちらがどうかは知る由もないのですが。

それにしても
土曜日の普通の映画が8~9シンドルなのに対して
ラルクさんのフィルムコンサートは22シンドル。
3倍近いお代でも見に来る人がたくさんいるのは
エセファンとしてもうれしいことであります。

まぁ、シンガポールの映画館はおおむね日本のものよりも小さめなんですがね。

2時間ほどで、二日間にわたるライブから抜粋されたライブ映像を見ることができました。
新しいものもありましたけど
私がわかるような(このへんはわだあけみさんの功績が大きい)昔の曲も多く
うれしかったです。

それにしても、当日は二日間とも大雨だったのね。
会場に行かれていた人は大変でしたでしょう。

フロアに入る際に、ライトスティックを渡されたのですが
フィルムを見ているシンガポール人も
映像の中のファンたちとあわせてそれを振る様は
なんだかとてもほほえましかったです。(って、オカンか!)

かくいう私も
だんだん臨場感が増してきたのか
キメのところでうっかりこぶしをあげてしまいました。

一緒に行ってくれたA野ちゃんも身体には現れてなかったけど(大人だなぁ)
楽しんでいたようでした。



ちょっとまて。
ラルクさん20周年ということは
A野ちゃんはお歳が一桁の時の結成なんじゃん?

おわ~。

かくいう私はhydeさんと同じ歳でございます。

シンガポールでラルクさんの映像を見れるとは。感極まり。

これも、きっと私やA野ちゃんが、カラオケ部で地道にラルクさんの歌を歌い続けてきたからなんじゃないかと妄想に浸れり。
そうなのよ、がんばってリクエストしてるのよ~。

帰りに地下道を抜けてバス停に出た私たち
思わず
「あ、雨上がってて良かったね」
すっかりフィルムの中に入ってたような気になってました。
私たちはライブ会場ではなく映画館で見てたのにね(笑)
シンガポールの気候はいつでも雨上がりの湿気だからさ。

エニウェイ
楽しい夜でございました。

同い年の男性があんなに綺麗なんだから私もがんばってダイエットしなくては!と変な決意をした私ですが
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
クリックしていただけると体重が200グラム減るかもしれません。

そろそろシンガポールでもコンサートしてくれないかしら。
(わたしがいるうちにお願いしたいなり)

あ、でもシンガポールでは生乳○は出せないかもしれません。
十数年前、長髪を理由にシンセサイザー奏者の喜多郎さんが入国できなかった国ですから…。
(現在は男性の長髪は問題ありません)
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● うわおっっ
わだあけみ | URL | 2011/11/28(月) 23:22 [EDIT]
まさかここでラルクさんの名前が出る日が来るとは・・・

そっか~フィルムコンサート行って下さったのね~
ありまとう。
もう母親の心境だわ。ははは

あの大雨は酷かったでしょ~?
会場に行ってたら間違いなく私は初日で行き倒れたと思いましゅ。
シアター参戦にしてて良かったよ、と心から思ってしもた。
行ったら行ったで楽しかったと思うけど無茶出来ないお年頃でもあるので。

同い年のメンズがあれだけ維持してるんだから、ホント自分も何とかしなくちゃと思っちゃうよね~。ぷひ~・・・
● わだあけみさん。
mayaち | URL | 2011/11/30(水) 20:42 [EDIT]
行って来ました~。楽しかったです~。
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。