maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/08(火)   CATEGORY: 食いしん坊断罪
青木さんのカウンターでおまかせ。
元ライター戦友のAさんが
ランチに行こうと誘ってくださり
その場にいたメンバーもというお話だったので

「このメンバーで行くのなら、普段行けないようなところに行きたいです」

と生意気を言ったら

「青木さんのカウンターでおまかせはどう?」

ということになりました。

青木さんといえば
オサレな駐妻さんの御用達のお寿司屋さんじゃありませんか。
震災復興チャリティーの際には
お得なセットランチを出されて貢献されていた…

私も以前、お友達に連れて行っていただいてランチをしたことはありますが

カウンターでおまかせって…そんなことしていいのかしら。

いや、私のようなフツーの主婦が、しかも一見さんでそんなことしてたら
「はぁ?テーブル席でどうぞ」と言われそうですが

ここは姉御のAさん、もちろん顔が知れています。お得意様です。

するっとスマートに入れていただけました。

さすがだ…。

aokiomakase (2)
お酒はこちらがオススメだそうです。
キリッとさわやかで飲みやすい美味しいお酒でした。ほとんど飲めませんけどね。

お通しの後はお刺身の盛り合わせです。

aokiomakase_20120508200101.jpg

写真を撮ってもいいですか?とちゃんとお聞きしましたよ。
カウンターですからね。勝手にパシャパシャは失礼ですよね。
ありがとうございます。

aokiomakase (4)
煮物は、かぼちゃとタコでございます。
タコって煮損じると硬くなっちゃうじゃないですか。
でもやわらかくて歯ごたえの良いうでぐわいでございました。

aokiomakase (5)
揚げ物は小海老のかき揚げ。
だれか、私がかき揚げ好きなこと言いました?言ってませんよね。

ああ、さっくりでしあわせ~。
小海老のかき揚げって時々他より熱が入りすぎて、カリッカリで抜け殻みたいになっちゃうことが
よくあるんですが
海老もしっかり身がありまして、おいしゅうございました。

さて、にぎりでございます。

aokiomakase (6)
トロでございます~。
マグロのこの部分、これをトロと命名した方は本当にえらいと思う。
トロっと溶けちゃうもんね。
それよりも、溶け具合に「トロ~」という擬音を発明した人が偉いのだろうか。
もう、これが口の中で溶けるのを表現するのに「とろ~」っという以外は無いと思う。

いや、そんなこたどうでもいいんですけどね。

aokiomakase (7)
赤身でございます。
こちらもおいしゅうございました。
脂身の多いトロ後にぴったりの一刺しでございます。

aokiomakase (8)
赤身のヅケでございます。
赤身と思えないプリプリ、コリコリ、でした。
なので思わず確認してしまいました。メンバー全員で。

aokiomakase (9)
いくら軍艦でございます。
やっぱり本物のいくらは溶け具合が違います。

せっかくなので寄っておきます。
aokiomakase (10)

aokiomakase (11)
手巻きもマグロでございます。中落ちと、トロが入っております。

うまいっす~。もう1本いきたいくらいです。

aokiomakase (12)
うなぎでございます。
プリプリでふっくらしたうなぎさんでした。
美味しかったです。タレも甘すぎず、程よい感じで
まぁ、この辺は好みがあるでしょうけれども。

aokiomakase (13)
まるでカステラのような卵焼きでございます。
ちょっと甘めですが握りではないので味わえました。
卵焼きの握りがあまり好きではないので こちらはうれしかったです。
(いつも別にして食べる人)

aokiomakase (15)
そしてデザートでございます。

左奥からプリン、右奥が梅ゼリー、左手前がカフェオレアイス、右手前がサクラアイス。

左奥のプリンのカラメルは今はやりのジェルですわよ!おくたま!

いや、調味料やドレッシングをジェルにするのはシンガポールではわりとポピュラーですよね。
フレンチが多いからかなぁ。
最近流行ってるってわけではないと思いますけれども
今朝のあさイチでやってたもんですから。


というわけで、青木さんのカウンターでおまかせランチのレポートでございました。

ああ、贅沢した。(庶民なので)

だーさん、ごめんなたい。

日本に帰ったら、もちろん安くて美味しい回転寿司に行けるので(笑)
お寿司がとっても贅沢というわけではないかもしれませんが
こういう雰囲気のお店でお昼からしっぽりカウンターでおまかせできちゃうなんて
やっぱりシンガポールにいる今だけの事でしょうなぁ。

Aさん、お誘いありがとうございました。
お蔭様で良い思い出ができました~。

お付き合いくださったYさん、Rさん、
どうもありがとうございました。


次回も、美味しいところ、お付き合いください。
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。