maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
JCUBEに行ってみた。
先週なんですが

中国語の勉強会にかこつけて、Himaさんにお願いして
勉強会の会場をJCUBEにしてもらいまして

行ってみました。

ジュロン、ジュロンというから、どんなに遠いのかと思ったら
ジュロンのイーストなので
けっこう近かったです。

この日はクイーンズタウンのMRT駅からMRTに乗って
10分でした。

わお。

駅から見たJCUBE

JCUBE1.jpg

まん前です。
でも、光ってないし。
光ってるのかと思ってた。
夜は光るのかな。

JCUBE1 (1)
駅を出て目の前の横断歩道から見たところ。

思ったほどは大きくなかった。

JCUBE1 (4)
3階に上がるとスケートリンクがあります。

JCUBE1 (5)
台湾に行ってみました。嘘です。そんなお店があるだけです。

そして
フランフラン~。

JCUBE1 (3)

ひろいぞ~。

JCUBE1 (2)

カワイイ雑貨がたくさんありました。
でも、アイワナで(I Wanna go home)見たようなものもありましたが。

お値段は日本の値札とほぼ同じか消費税分安いくらい。

フランフランのアウトレットよりは高いでしょうけれど
それでも良心的な価格です。

無印良品は日本の価格の1.5倍ですからね。おおまかな平均。

お昼もお勉強も今回はこちらにいたしました。
JCUBE1 (7)

日本の抹茶カフェ、nana's green teaさん。

JCUBE1 (8)
いい感じです。

JCUBE1 (6)
メニューは日本とほぼ同じらしい。

JCUBE1 (9)
抹茶ラテ

お店に、日本人がちゃんといまして。
今だけかなぁ。
でも、日本人の女性のスタッフさんもとても感じが良くて
写真を撮ってもいいですかとお尋ねしたらやさしい笑顔をいただきました。
レジのローカルスタッフもとってもヤサシカワイ。
ウェイターの少年?も とってもかわいかった。
思わぬところで目の保養。

おばちゃんたら。

お昼はそば粉のガレット
JCUBE1 (10)

Himaさんも
JCUBE1 (11)

それぞれ中身は違うんだけどね。

けっこうパリっとした皮でした。
個人的にはもうちょっとしっとり系が好きかな。

平日ゆえかお客様も少なかったので
こちらでお勉強会をさせていただきました。

間で飲み物をまたオーダーして

そしたら
「もしお寒いようでしたらどうぞ」と
イケメンの(失礼)ウェイターさんが
なんとひざ掛けを持ってきてくださいました。

おおお!ここはホテルのラウンジですかい!?

なんてステキなサービス。

程よくお勉強もして
デザートの時間になり

待ってましたの

抹茶パフェ!!!

JCUBE1 (12)

せっかくなのでまわします。

JCUBE1 (13)

ぐる

JCUBE1 (14)

ぐる。

この写真を友達に見せたら
パフェに目の無い3人が
「おれにも食べさせろー!」となり

二日後にまた行く羽目になりました。

JCUBE1(15).jpg
こちらはデラックス抹茶&ガトーショコラパフェ3連弾

どんだけ…。





ただ
この日にお昼を某イタリアンでいただいたのですが
日系ということで期待しまくったのがいけなかったようで

全然ダメダメで
どちらかというと罰ゲームでした。

麺は柔らかめ、なのはまぁ仕方ないとして(ローカル向け開発)
トマトソースは悪くなかったようなのですが
友人のジェノベーゼは
明らかに 麺が○○で○○たようになっていて、○○と○○が○○していて
さすがに食べれなくて残してしまったし。
私のきのこのクリームソースはとっても薄味でした。
チーズと塩と胡椒をガンガンかけて自分好みにしていただきましたが。
それはそれでいいのか。

いや、まだみんなトレーニング中だし
土曜日だから忙しいし、きっと仕方が無いのです。
平日に行くとか
スタッフさんが慣れた頃に行けば
きっと大丈夫でしょう。

シンガポールで日本のお店のクオリティを追求するのは
スタッフの割合で日本人を多めにする以外には難しいですよね。

日本のラーメン屋さんでも、最初から落ち着くまで、日本人をしっかり置いてたところは安定してますね。
五右衛門さんは、パスタは美味しくて安心して食べれるけど、スタッフの手落ち度はどの店舗でも同じような話を聞くし。

せっかく日本のレストランやパン屋や雑貨屋など
たくさん入ってくるのですから
接客スキルもぜひ輸入してほしいなぁと思ったりします。

シンガポール人のブログでも日本で受けたサービスに感動した!という書き込みを見かけるので
きっとなじまないとかまねできない文化ではないと思います。
がんばれ!

まぁ。
そのイタリアンにはもうたぶん行かないけど…
いえ、行くチャンスはないと思うけれど、という意味ですけどね。

あまりネガティブなコメントは避けたいと思っているのですが
あれは…あまりにも…バツゲームで…

つい…。

でも、アタシに言われたくないって感じですよねぇ。
ナニサマダヨですよねぇ…。

すみません。

日本にだって接客なってないお店はたくさんありますからねぇ
まずくて二度と行かないお店も多々…

ですよねぇ。

すみません。
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。