maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/14(水)   CATEGORY: 旅にでる。
ジョホールのヤスコ ヨコハマヨコスカ。
ジョホールの町に到着、さてこれから町に繰り出すんですが、その前に両替。

今回は、S$100が、RM233(リンギット)でした。
先週よりも、良いレートだったそうです。
どこの両替場所がいいかとかの情報がないので、お友達がいつも使うところに向かいました。

そこに行くまでの短い間に、
タクシーの運転手らしきおじさんたちにたくさん声をかけられました。

あるおじさんが、私たちに向かって、
「ヤスコ!ヤスコ!」 と、声をかけて来ました。

当然、私たちの中には「ヤスコ」さんという人はいないのですが、
ジョホールでは、日本人は「ヤスコ」と言う名前で有名なんでしょうか・・・?

ちがうって。

おじさんたちは、「ジャスコ」と言ってるのです。

そうです。ジョホールにはジャスコがあるんです。(ご存知ですよね)
私たちは、国境越えて、ジャスコにランチしに来たのです!をいをい。

JBでの移動は観光客はタクシーが主な交通手段になります。
ですが、メーターのないタクシーもあり、値段は乗る前に交渉する必要があります。

タクシーにメーターがないんだよ!(普通)

MMさんが、すでに色々調べてくださっていて、値段の相場を把握していたので、
RM15(リンギット)で交渉開始。
交渉はもちろん英語なので、私は横で話を聞いているだけです。
MMさんは、海外生活も長く会話も明瞭なので、高値でふっかけてくるタクシーの運ちゃんを、次から次へとざくざく捌き、
RM15でジャスコまで行くタクシーに乗り込みました。

ここで、このブログを参考にして、ジョホールに行こうと思っている方へのご忠告ですが、
本当の価格(メーターを使っての正規の金額)は、もちろんRM15ではありません。
ですから、その時のタクシー(運転手)によって、もっと安い価格で乗れることも、高い値段でしか乗れないことも、あると思います。その辺は、柔軟に対応する事をオススメします。
それはなぜかというと、復路で起きた出来事でお話します。

そしてここが、
ジョホールのヤスコならぬ、ジャスコです。

jusco.jpg



注)
ジョホールの治安はシンガポールよりは相当悪いので、タクシーなどに乗るときは
一人ではなく複数で。
人気のない所に連れて行かれ、強盗にあうこともあるそうです。
交渉も、強く言って安く値切りすぎると、まったく違う所に連れて行かれ、
戻る時のお金まで要求されたりとか、そういう話も聞いた事があります。
外国だという事をお忘れなく。 充分にご注意なさってくださいね。
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。