maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画を見に行きました。
今日は、「1人映画鑑賞」やってきました。

見た映画は「20世紀少年」です。

浦沢直樹さんの漫画を映画化したものなのですが、
私はその漫画をまだ読んだ事が無く、
「漫画を読んでいないと、わかりにくいかもよ」という
アドバイスを無視して見に行ってしまいました。

上映時間を調べるのに便利なサイトに、この映画を見た人の評価があったのですが、
(おそらく日本人ではなく、シンガポール在住の日本以外の国の方)
「今まで見た日本映画の中で最低だ」とか、
「時代がちょくちょく変わるのでわかりにくい」とか、
「始まってすぐに退屈で眠ってしまった」とか、
散々な書かれ方だったのです。

・・・・ちょっとまて。

始まってすぐに眠ってしまったのなら、
内容なんてわからないんじゃないの?

ってか、
時代がちょくちょく変わるからわかりにくいって・・・。
寝ぼけながら見てたからなんじゃないの?

と、その場でつっこみたかったのでありますが、それはさておき。

私としては、楽しめました。
映画の内容や評価に関してはこれ以上書きませんが、
でも、チョイ役や、端役や、すぐに死んでしまうようなやられキャラでも、
かなり名の知れた俳優さんやタレントさんがわんさか出ていて、
あの人が!この人が!と、
それを追うだけでも面白かったです。

一番インパクトがあったのは「研ナオコ」さんでした。

随所に隠されてる「ダジャレ」(ダジャレといっていいのか)とか、既成のものをもじったネーミングとか、ストーリーはシリアスなのに、笑ってしまう部分が多くて、実は重いストーリーのはずなのに、それを忘れてしまうんです。

それがいいのか悪いのかはわかりませんが。

シンガポールの映画館と言う事で、完全防備で挑んだんですが、
日曜日と言う事もあり、映画館はほとんど満席で、
寒いと感じるほどではありませんでした。
(上着は着てましたけどね)

なるほど。満員の館内を想定した温度設定なわけですね。
普段は平日でガラガラだもんで、寒いんだな。
「今日はお客が少ないから温度設定を上げよう」とか、
そんな事は考えないもんな。

シンガポールは。(笑)

しかし、映画が始まる前の明るいうちから、抱き合ったりちちくりあったり(冗談ではなく)している若いカップルが前の席にいたので、少々げんなりしましたが、
彼らは「どうせ日本の映画だからお客も入らないだろうし」とか思っていたのでしょうか。
残念ながら、前後左右にもお客がいましたので、あまり自由には出来なかったでしょうけどね。

映画見てたら忘れてたし。

「1人映画鑑賞」も、だいぶ慣れてきましたよ。
英語が怖くて、チケット買えなくて尻込みしていた頃から比べると、
私も多少の進歩があったということでしょうか。
「何だそんな事か」
と、思われるかもしれませんが、
ひとつでも出来る事が増えると、なんだかうれしくて、
よし!また頑張ろう!
なんて思うであります。

すっごく低レベルな次元なんで申し訳ないんですけどね。

私もガンバルぞ~!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

いつも見に来てくださってありがとうございます。

クリックもいつもありがとうございます。


そんなわけで、「20世紀少年」の関係者の皆様。(見るわけないが)
シンガポールでも、たくさんの日本人以外の方が見ていますよ!
続編もシンガポールで上映してくださいね!
(全3部作らしい)

原作買って読んでみようかなぁ。と思うくらいには、興味がわきました。
(まんまと策略に乗せられそうだ!)
でも、漫画はオッチョがトヨエツじゃないからなぁ。
(意味不明)



CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 外国の方にはね。。。
う。 | URL | 2008/10/20(月) 16:02 [EDIT]
私も土曜日に見て来ました。
土曜日の午後の回だったけど館内は10人ほどで、しかも日本人はほかにいない状態でした。

日本のアニメとかマンガが人気なので、その流れで見に来る外国人(というかシンガポール人)もいらっしゃるのだと思いますが、この映画は古い時代の日本の雰囲気やギャグを知ってて俳優/タレントさんそれぞれのキャラクターを知ってて初めて面白い感じがしませんか?
私も原作知らずでしたが上記の理解が無いと????だと思うんですよねぇ。

それでも皆さんちゃんと情報をお持ちみたいで、エンディングが全部流れ終わるまで大人しく座っててくれたので、私も最後の部分まで見ることが出来ました。映画はここまで見ないとね。

何となく半端に終わってるので第2部も見るつもりですが、人に勧めるほど面白かったかと聞かれると難しいものがあります・・・。

しっかし寒いっ!
● >う。さん。
maya | URL | 2008/10/20(月) 22:59 [EDIT]
そうなのですか。土曜日はガラガラだったのですか。
では、日曜日、私が行った時間だけがたまたま満席に近かっただけかもしれません。失礼いたしました・・・。

しかも、さっさと明かりが点いてしまい、最後までおとなしくしてなかったですね。
(私も約束の時間があり、エンディングを見ずに退席してしまいました・・・邪道)
内容に関しては、本文でも書きましたが、コメントは差し控えさせていただきます。(笑)
が、そういうスタンスを主張するなら、楽しめた部分についても触れるべきではなかったですね。(申し訳ないです)

確かに漫画原作、または日本について良くご存知でない方には、理解するのが難しいかも知れません。
ただ、とある、おそらくシンガポーリアンさんの、「すぐ眠った」と公言しているのに、「最低だった」と評価するのは、ちょっとどうなのかなぁと思ってしまいまして・・。太文字にしちゃいました。大げさでしたね。(反省)

「見に行ってね」的なオススメの記事のつもりはもちろんありませんです。
(でも、「見に行くことはないよ」とも言いませんが。)(偽善)

そしてお客さんが少ないとやっぱり寒いんですね。
● ともだちは・・・。
yoshiken | URL | 2008/10/21(火) 01:58 [EDIT]
漫画を始めの頃だけですが見ていたので
「ともだち」を意識しながら映画観てみました。
そんなふりして「ともだち」なのね~なんて。

私は西の方のそれも23時からのを観たので
人は少なく寒かったです。帰り怖かった~☆

研ナオコさんを注目するとは!さすがmayaさん!
私は志村けんさんとのコントを思い出しました(懐)

最近できた漫画喫茶に置いてありますかね?!
● >yoshikenさん。
maya | URL | 2008/10/21(火) 08:31 [EDIT]
yoshikenさんもご覧になったのですね。
「西の方の23時」ですか。ううむ。
そこが満席になる事は、シンガポールの映画でもめずらしいでしょう。(ステキ)
漫画喫茶・・・日本の?あ、それ知らないや。
行ってみたいぞ!
アンモキオの漫画喫茶に入った事があるけれども、見事に中国語(と、もしくは英語)に翻訳されてるマンガばかりでした。
読めないから・・・(涙)
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。