maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/31(土)   CATEGORY: 旅にでる。
不吉な予感。
シンガポールから飛行機に乗ったわれわれですが
マイルでチケット抑えてチェックインした時点では
ガラガラだった座席が

乗って見ると満員だった。

3人、近くではあるけど並びではなく
「すいてんならゆっくり座っちゃおうか~」と思って
ひとつおきくらいに席を取っていたのだが

仇になった。

まったく。身勝手な所業は神様お見通しね!

私の隣は新婚かなと思うようなシンガポーリアンのアベックで
最初は我慢してたみたいなんだが
だんだんいちゃいちゃし始めた。
私は気にしてないけれども
「お前邪魔なんだよ」なオーラが充満で
「はいはい。すんませんね」と寝たふりキンチョール(古)

S子ちゃんは乗るなり即効寝てたんだが
Kルさんの座席はさらに気の毒で。
見るからにエコノミーの席に収まらないボディのママさんが隣で
前ではその子供がずっと暴れている。
振り返ってはママを呼び
ママが子供をあやすたんびに
隣のKルさんを押しやるような状態になっている。

まぁ、運が悪かったとしか言いようがないのだが
そういう時もあるよね。
(ヒトゴトなのでおとなしい)

朝3時ドバイに到着。

チャンギ空港のANAの到着口から
イミグレまでの距離って
いつも「遠いな~。こんなに歩くのかよ~」と
疲れて帰ってくるからこそうんざりしているんだけど

ドバイはその倍だった。
何キロ歩いてるんだ?私たち。
みたいな。
まぁ、初めての場所ですしね。遠く感じるんでしょうけどね。
でも遠かったよ。

さて。
ようやくイミグレに到着です。
けっこう人が並んでいて
まぁ、当然でしょうが一番列の短いところに並んだわれわれです。
10人いなかったんですよ。私たちの前には。

それが。

全然進まない。

5分経って、10分経って、1人か2人しか進んでない。

それはさすがにおかしいんじゃないかと振り返ると
後ろは長蛇の列に。

お役人を確かめると
なんだかな~。
すんごいやる気の無さが漂ってます。
他の列のお役人さんはわりとテキパキ捌いてるんですが
この列のお役人ときたら
パスポート受け取ってもパスポート見てないし。
どこか遠くを見てたりとか。
本人を眺めてはいるけど
話しかけるわけでもないし。

「並ぶところミスったねぇ・・・」
「そうだねぇ」

隣の列に同じタイミングで並んだ人が出て行きましたが
われわれの前にはまだ5人います。
「並びなおそうにもまた列が長いよねぇ」

そう話していると
並んでいる私の後ろで不審な音が・・・。

こ・これは・・・
飛行機で酔ったのでしょうか・・・。
お酒でも飲みすぎたんでしょうか・・・。
(この辺でお気づきですね)
明らかにえづいているのでは!
(「えづく」というのはたぶん瀬戸内地方の方言です。餌付くではありません。なんとなくニュアンスでわかってください)
やめてーやめてー。トイレ行って~。おねがいー。
見かねてお友達がビニール袋を渡しました。
惨事には至りませんでしたが自主規制させていただきます。
でもね!お礼の言葉も無いんだよ!連れもいるのにさ!

中国人のアンティはたぶん進まない列にブツブツ文句を言いながら
「私はこんなに具合が悪いんだから、あんたたち順番を譲りなさいよ!」
オーラを出しています。
くっついてくるんです。よりかかるんです。
くっつかないでくれ!お願いだ~。

とうとうわれわれの順番が回ってきました。
(我々もそうとうイラっていたんでとうとう順番は譲りませんでした)

日本人は・・・・それほど長くない。
ビザがいらないとはこういうことなんですね~。
入国カードもいりませんからね・・・。

そして私の番なんですが。
お役人に対峙すると
dubaii.jpg

あれ?

あなた、おひげ生えてるけど、眉毛つながってるけど
子供じゃない?
子供だよね?
というくらい幼いお役人。
どうやら、新人さんだったようですね・・・。

パスポートを見て日本人だとわかって
それでも柔和になったんでしょうが
どこのイミグレも同じですが無愛想ですよね。
そりゃしかたないでしょうけどね。
私の顔をじーっと見た後。
その「じーーーーーーー」がね。
なんというかすごいのさ。
「お前、ほくろは?」
「は?」
「このほくろ」
いや、あるから!あるだろ!見ろよ!
悪かったな!化粧してるよ!
「ここ!」(指差し確認)
「ああ・・・」
また「じーーーーー」
「ホテルどこ」
「ラディソンSAS]
「は?」(は?って・・・)
ガイドブックを見せる私「ここ!ラディソン!」
「ああ。・・・中国語読めないし。(にこっ)」
「?日本語?」
「あ、日本語も読めない(にこっ)」
つか、ホテル名は英語表記だから!
こんな時だけ「にこ」じゃねーっ!

もうね、大した事じゃないんだけどね
いいかげん我々もかなり気が立ってます。
だってねああた。

そりゃ、あたしもね、イミグレで愛想良くしてくれるなんて
思っちゃいませんよ。夜中の3時過ぎてるんだしね。
でもね。

たった10人通るのに
45分以上かかってるんだよ!

しかもお友達は
「これは本当にお前か?違う顔だ」
と、言い切られてました。
「悪かったな化粧してんだよ」
と、言ったそうな。(ご愁傷様です)

でも、多少人種差別のような光景も見られ
アフリカ系の人が普通の列に並ぶと別の列に連れて行かれたりだとか
(並び口には何も表記されていないのに)
モンゴル系の人や中国人も何度も並び直させられてたりとか。
「ここじゃハンコおせないからあっち行け」みたいな。
欧米人はけっこうあっさり。日本人もそこそこあっさり。
やはりいまだに根強くあるんだなぁ。人種差別。

やっと荷物を受け取りにいけたのですが
コンベアはすでに動いていなくて
我々の荷物だけ
横の床に

ぽつーん

なくならなくて何よりです。

それにしても、ほんとーに遅かったんだなあの列。
こういうのを
「幸先が悪い」というのでしょうね・・・。


いつも見てくださってありがとうございます。
もしよろしければクリックお願いします。励みになります。
人気ブログランキング
banner_13.gif
できれば両方。もひとつポチリと。お手数かけます。
ブログ村シンガポール情報
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


文章中に不快な表現がありましたことをお詫びします。
お気を悪くされた方、申し訳ありません。

ドバイでイミグレに並ぶ時は
多少長い列でもベテランさんぽい人のところにしましょう。

でも我々の「不幸」はこれだけでは終わらなかったんです。
CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● そういえば…
cotton rose | URL | 2009/01/31(土) 18:36 [EDIT]
前にドバイに行った友達から聞いたのですが、
ドバイではアジア人はかなり下に見られていると聞きました。
特に中国人。女性を売ってる商売の人に多いらしく、そのため
アジア人=ソレだと思われるとか。
でも同じアジア人でも日本人だけ尊敬されていてドバイにいる間は
「日本人だ」ということを全面に出した方が良いと聞きました。
その子はドバイに駐在してる人のところへ遊びに行って聞いた
話なので強ち嘘ではないのではないかと今回のブログを拝見して
改めて思いました。
一歩外に出ると、そういう人種差別のようなものを感じることが
よくありますよね。(しみじみ…)
● お疲れさま
わだあけみ | URL | 2009/01/31(土) 19:14 [EDIT]
流石は海外・・・では済まされないよな体験を
されちゃったのね~。

・・・て、まだ不幸話続くのね。

怖い怖い~っっっ
● cotton roseさん。
maya | URL | 2009/01/31(土) 22:05 [EDIT]
そういう背景があったんですね・・・。
幸い、この見かけでは「それはありえねー」と判断されたのか
その手の不快な思いはしませんでしたけども(笑)
シンガポールは白人とお金持ちが尊敬される国ですから
人種差別と言うよりは貧富差別に近い感じなのでちょっと違うんですよね。
(もしくは好き嫌い差別というか)
ドバイで感じたのが人種差別なんでしょうね。
お店で絵葉書を見ていたら中央アジアの男の子たちが同じ棚を囲んで見始めたのですが
お店の人が追い払っちゃったんですよ。
ちょっとびっくりしましたね。
必ず最初に「日本人か?」と聞かれるのも
シンガポールとは違うところですね。
● わだあけみさん。
maya | URL | 2009/01/31(土) 22:08 [EDIT]
> 怖い怖い~っっっ
違う違う。
笑い笑い~っっっ。
入国の際の不運なんていくらでもあることさ~。
やましい事さえなけりゃ大丈夫☆
(無いですから!念のため!)
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。