maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
テーブルコーディネート
「ほらやっぱりみんな飽きてるんじゃない?そろそろキュウカンなんとかだよ」
「閑話休題かい?」

そんなわけでまた違う話題にします。
シドニーもメインで書きますけどね。終わるまでは。

さて。昨年の今頃の私のブログを覚えていらっしゃる方がいるとすれば
えっ。もう1年経ったのかい!
というような話題だと思いますが。

お友達に誘っていただいた、テーブルコーディネートのお教室に
ようやくい行き始めました。
1年待ちでした。

いえいえ、昨年の段階でも、2度ほどお友達通してお声をかけていただいたのですが
レッスンが木曜日で
私は木曜日は英語だったので
行けなかったのです。

そのままお友達はどんどん先に進んでしまってまして
なかなか次の新しいコースのお話が聞こえてこなかったのですが
この11月から
新たなクラスがスタートしたのですよ。

昨年のコースでお声をかけてもらったことのあった私でさえ
1年待ちなのですから
今お申し込みをしても、いつになるのでしょうか・・・。
仕方ないですけど。
そんなわけで、現在はお申し込みはお休みだそうです。

実際、お教室では何から何まで先生が~。
先生は一人しかいらっしゃらないので大変です。

テーブルコーディネートのカテゴリーは、色や食器、素材、光の具合によっても
様々なエリア分けをされていて
それぞれのコンセプトにあわせた統一感のあるテーブルセッティングを行って
表現して、なによりもお客様をおもてなしする作法でもあります。
きちんとしたテーブルセッティングをするためには、色んな知識があれば役に立つんですよね。

レッスンは、その講義と説明、先生のセッティングの解説、応用、その日のテーマにあったフラワーアレンジを自分で作る。
という流れになっています。

ところで
なんで私がテーブルコーディネートを?
と、思われた方。
そうでしょうねぇ。私のイメージではないかもしれませんね。
もちろん、お客様が喜んでいただけるおもてなしをすることが一番大切で、それは何も知識だけのものではないと
わかってはいるのですが。
そこに何かルールのようなものがあるなら、知っておきたいと思ったのが初めでした。
まぁ、知識はインプットするだけなら邪魔にはなりませんしね。

で、実際行き始めると、これが、使える事が多いんですよ。
色のエリア分け。 これはリボンで即応用です。自分が、どんなイメージを作りたいかを迷った時
そのカテゴリーの色を使って編めばいいのかもと思うし。
お店に行った時に、そのセッティングを見て、そのお店のホスピタリティーの度合いを計れるようになるかもしれないし。そのお店が、どんなものをコンセプトにしているのかも気づけるようになるかもしれないし。

というか、テーブルセッティングを自分の家でできるようにしましょう!
まぁ、それは先の先の先の話でしょうけれども。

こちらは第1回目のセッティング、タイトルはモダンです。
DSCN6422.jpg

DSCN6424.jpg

ここで「モダンとはなんぞや」と書いていると覚えてもないのにボロが出るので割愛させていただきます。

私のフラワーアレンジです。
DSCN6426.jpg

精進が必要だな・・・。


CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。