maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
蝋パック。
S子嬢がもてあましたパッケージを譲っていただいて
初ペディキュアをやってみた。

いつも、ペディキュアは自分でやっている。
コブトリちゃんな私だけど、足のつめにペイントするくらいならまだ大丈夫。
身体は硬いけど、お腹は痞えない(笑)

でも、甘皮とったり、かかと削ってくれるよとS子嬢。

かかとを削る?

行ってみるとわかった。古い角質をサンドペーパー(紙やすり)で
容赦なくガリガリと削るのである。
古い角質は死んだ細胞なので痛くは無い。
でも・・・
お店のおねいちゃんに言われちゃったよ。

「あんたのかかとはもんすごうかわいとってえらい硬いけん、ようとりきらんわ。一度では無理じゃけん、またきんさいや。ようこんかったら、モイスチャークリーム塗ってやわらかくしといた方がええよ」

ちょっとショックな内容だったので広島弁でお送りしてみました。

まぁ。何もしていなかったカカトだけのことはある。(自慢にはならん)

なので、オススメのパラフィンパックをやってみることにした。

まぁ、足に蝋を塗るのであるよ。
青紫のすんごい色の蝋に足を漬けるのである。ちょっと熱い。

その後、ビニールをかぶせて
DSCN6969.jpg
靴下をかぶせる
DSCN6968.jpg
ウサギか!?

しばらく置いといて
はがす。
DSCN6970.jpg
はがれた蝋である。ゴムみたいになる。
DSCN6971.jpg

DSCN6973.jpg

はたしてきれいになったのだろうか・・・。

でも、毎日サンダルはいてたらやっぱり乾くよねぇ・・・。

この後ペディキュアをしてもらった。
でも、めっさシンプルなやつなので、後日自分でデコするつもり。

面白かったが、蝋パックだけで35ドルはやっぱり庶民には高い・・・。
毎日のメンテナンスが大事ってことやね☆
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。