maya-しんがぽ日記
 だー様の海外赴任でシンガポールにいた「駐妻」ブロガーです。得意技はへっぽこちびマンガ描きと食べ歩き。2012年の7月に日本に帰りました。5年半の滞在期間中の日記です。でもオサレな記事はありません。すみません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/07/05(月)   CATEGORY: AsiaXさん
AsiaX 7/5号発行
そんなわけで
ツイッターをフォローしてくださってる方はすでにご存知ですが
何だかんだいいながらマンガがちゃんと書けたことはご報告したので
今回も無事AsiaXにマンガを載せていただくことが出来ました。

良かった・・・。

いえ、別に締め切りギリギリとかそういうことはなかったですよ。今回は。

AsiaX は、シンガポール全国の有名書店(オンリー紀伊国屋)及び主要日本食レストランにて
絶賛配布中ですのでぜひ一家に1部といわず2部、お持ち帰りください。
いろいろお役に立ちます。いい紙なので。(コラ!)

なんだか心が錆びてて毒吐きそうだわ。すみません。

今回は、初の試み
体験レポートちっくなマンガでした。
ええと
実はリンクしてブログで語りたいことがありましてね。

シンガポールのナイトサファリにはですね
日本語のトラムがあるんです。これは毎日。
韓国語も中国語もフランス語もイタリア語もないのに
日本語はあるんですよ。毎日。オプションじゃなく。
これって、すごい事だと思いません?
日本の動物園に、英語の案内しかなくても「そーだな」って思いますよ。
でも、シンガポールに「日本語のトラムだけある」っていうのは
やはり、ほっといて生まれたものではないんですよ。

日本人のスタッフが、日本人のために、苦労して維持しているものなんですよね。

日本語トラムがあるから、日本人観光客が来る
日本人観光客が来るから、日本語トラムがある
それがどっちだろうかは鶏とタマゴなので、どっちでもいいんですが

日本語トラムがあるからナイトサファリに来てトラムに乗って
絶望の危機に瀕している動物達の事を知って
心を動かされる事があるとすれば
それはすごいことだなと
思ったりするわけです。

ナイトサファリにはこれからも日本語トラムを継続して欲しいので
日本からお友達が来たら連れて行こうと思うし
観光にはナイトサファリ!ってお勧めしようと思います。
見ておいて損はないと思うしね。
でも、ボンゴバーガーじゃなくて、ウルウルでご飯食べた方が経験地は上がりますよ。(笑)

さて次回のマンガ。

何を描こうかなぁ。

最近
「ダンナさんで落としてばっかりだね」と言われたので
「水戸黄門の印籠だよ」と言っておきました。

マンガで私につっこませているひとには
私からの一方的な愛があるのだよ。
わかってもらえないこともあるけどね。
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © maya-しんがぽ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。